FC2ブログ
るい動物病院のブログ 知多半島エリアで往診専門の動物病院をしています
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咬まれました・・・。
2015年09月09日 (水) | 編集 |
150909-1.jpg

久々にワンコさんに咬まれました・・・。
往診中ではなく、勤務先での診察中です。

痛みに強いほうだと思っているのですが、指の先は痛い(><)
人差し指に心臓がもう1つあるみたいに、ドクンドクンなっています。。。



痛い痛いと思いながら、ふと感じたこと。

実は、往診中にこういった怪我を負うことはほとんどないということ。

往診中はスタッフがいないので、あまり無理や無茶はしないということもありますが、

犬や猫が襲ってくる一番の要因は

”恐怖からくる攻撃”

です。

往診でも、施設でも、咬んできそうかなーと予測の出来る子は、エリザベスカラーを着けたり、ネコちゃんなら洗濯ネットに入れたり、万全を尽くすのですが、病院に来て台の上にあげられ、怖い怖いと叫んで恐怖でパニックになると、手が付けられず、こちらの想定を超えてしまうんですよね。


よく、知人に1人で往診している話をすると、

『自宅だと、犬が強気になって攻撃してこない?診察にならないんじゃないの?』

って聞かれることがあります。

それが違うんですよね(^^)

家の中だとワンコさんは自分の家なので、堂々とはしていますが、”恐怖心”がないのでリラックスしています。
確かに嫌なことをされれば嫌がります。怒ってきそうな子はエリザベスカラーを着けます。
そもそも飼い主さんが触れないレベルの子は私も触れません。

しかし、飼い主さんは触れるのに、獣医師には全く触れさせてくれない・・・。
診察台の上ではよくある光景が、往診ではあまり起こらないんですよね。

なので、診察も採血も、爪切りも皮膚の検査も、意外とできちゃうんです、不思議です。

反対に、家では全然ダメだけど、診察台に上がれば怖くて固まって何でもさせてくれる子。
これも意外に自宅でも処置できたりします。
家では全然ダメ・・・なタイプの子は、わがまま言ってるだけのことが多いので、
処置する側がコツをつかんでいれば、結構いけるものですよ。


しかし、ブログを打つにも人差し指が使えないのは不便でなりません。
明日には楽になっていますように・・・。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
動物が好きで選んだ職業なのに(勝手に思い込んでいる)、なんと報われない所行。
小生自身、犬には3度ほどしか咬まれたことが無いため、先生の痛みは一部しか理解できません。
心だけのお見舞いを申し上げます。

自宅の方が診療しやすいとは、分からない物ですね。
縄張り内の安心感みたいなものでしょうか?
2015/09/10(木) 00:57:05 | URL | コロパパパ #-[ 編集]
早く治りますように。
早く治るといいね。
まぁ、そんなこともあるさ。

追伸

昨日いしけんに職場で会いました。
驚いたよ。(^O^)
2015/09/10(木) 08:28:34 | URL | chun #Y0BAREbE[ 編集]
先生、一本化ですか?
2015/09/12(土) 23:24:20 | URL | コロパパパ #-[ 編集]
>コロパパパさん
あ、私ブログの返信を忘れておりますm(__)m

おかげさまで、指は随分楽になってきました。
私の一番感度のよい指が左手の人差し指なので、採血時の血管の確認などに苦労してました。。。

おや、情報源はご近所のTさんですかね。
はい、そうなんです。
もう少ししたらちゃんとお知らせしますね(^o^)
2015/09/13(日) 13:46:25 | URL | maco #-[ 編集]
>chun
生傷は日常のこととはいえ、やっぱり怪我はしたくないものです。

お、職場でいしけんに会ったの?
彼は今は愛知県で仕事してるのかな?
2015/09/13(日) 13:49:17 | URL | maco #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。