FC2ブログ
るい動物病院のブログ 知多半島エリアで往診専門の動物病院をしています
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑い日の大型犬
2015年08月26日 (水) | 編集 |
往診では、大型犬のお宅に伺うことが多く、その多くは屋外のお庭の一角で飼育されています。

今、16歳の高齢のラブラドールレトリバーさんが後肢の脚力が弱くなって自分で立てなくなってきたとのことで、
定期的に鍼灸治療を行うために伺っています。

大型犬の16歳・・・うらやましいくらいのご長寿さん。

足どりこそ弱くなっていますが、食欲は旺盛、鍼灸治療にも反応して、なんとか自力歩行が可能になっています。

で、先日伺ったのですが、その日は私自身が参ってしましそうなくらい暑い日でした。
ワンコにはこの暑さはキツイ・・・高齢ならなおのことです。

往診をする以前は、大型犬や、屋外飼育のワンコの暑さ対策は、
『できるだけ涼しいところ・・・可能なら玄関先とか、屋内に入れたほうがいいんだけどねー・・・』なんて話をしていたのですが、
実際にお宅に伺うと、大型犬を屋内に入れて飼育することが難しい環境のほうが多いことに気づかされます。

”言うは易し、行うは難し”

診察台を介して話していた時はそれで終わりだったのですが、実際に伺うと、一緒に涼しい空間づくりを考えることになります。

そのお宅も、お庭の一角に鉄格子の柵で囲われて、天井には屋根を作ったその子のおうちがあり、
さらに日よけを立てて、日が当たらないように最善を尽くしておられました。

でも、暑いものは暑い・・・。

今の住宅は、玄関も少し広かったり、リビングダイニングに仕切りがないので広い空間が確保されている場合も多いかと思うのですが、私の親世代(昭和50年代くらい?)の住宅は、一概に言えませんが、玄関もそんなに広くないし、台所・食卓・茶の間・と空間が仕切られていて、なかなか広めの空間の確保が難しかったりします。

また、屋外で飼育されていた子は、屋内では落ち着かず、外に出たがる子も多いのです。

なので、小屋の周りに打ち水をしたり、最近はホームセンターでホースにつなげて水を出すと、ミスト状に拡散されて、その周囲が気化熱で温度が下げられるアイテムもあったりするので、試してもらうように勧めてみたり、鍼灸治療はガレージで行っているのですが、ガレージのほうが涼しく感じるので、一番あつい時間帯はこちらで過ごすほうがいいのかな、なんて話をしたり・・。

治療中も、伏せの状態で、”ハアハアハアハア”と息が荒い状態が続いていたので、往診車のクーラーボックスに入っている保冷剤を首の下に置いてあげたら、しばらくして呼吸が少し楽になってくれました。

首の下、脇の下、内股には皮膚に近いところに大きな血管が走行しているので、そこを冷やすと効果的です。

動いちゃったらダメだけど、こんなやり方もありだね、なんて話をしながら、実際に生活してる空間の中で、何気ない日常の会話ができるのも、往診診療の魅力のような気がします。

朝晩は対象過ごしやすくなってきましたが、残暑が厳しく、日中は猛暑日が続くと思いますので、油断せずに暑さ対策をしていきましょうね。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。