FC2ブログ
るい動物病院のブログ 知多半島エリアで往診専門の動物病院をしています
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

往診医としての判断ミス
2015年06月24日 (水) | 編集 |
6月27日(土)、29日(月)、7月2日(木)は終日臨時休診となります。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。



先日の土曜日の話です。

朝から一本の電話が。
わんちゃんを往診で診させてもらっている飼い主さんからでした。

”親戚の家の猫が、1週間前に傷んだ魚を食べたせいか、2日前から元気がなくて今朝になったら白い泡を吐き、ぐったりしている”

電話の内容からは、胃腸炎や食中毒??などだが頭をよぎりましたが、朝は予約のお宅があったため、終わり次第、そのお宅に向かいました。

玄関にある2階建てのサークルの中で、確かにじっとして動かない猫ちゃんがいます。
ひとまず顔色をみて体温を測り、お腹を触診すると、パンパンに張った膀胱に触れました。

『尿閉』です。おしっこが出せていない状態です。
傷んだお魚とは関係ない緊急事態です。

猫ちゃんは”下部泌尿器症候群”といって、膀胱炎になりやすい子がいます。
細菌感染によるものや、膀胱結石によるもの、原因が不明なものなどさまざまな要因があるのですが、
雄猫ちゃんは、陰茎がとても細いので、結石の成分や、膀胱内の炎症によって剥がれ落ちた細胞成分や血液成分が尿道の出口直前で詰まってしまうことがあります。

その子も雄猫ちゃんだったので、出口がなんらかの原因で詰まっていました。
原因が何であれ、一刻も早くツマリを解除して、おしっこを出してあげないと急性腎不全で命の危険が及びます。

通常(病院によりけりではありますが)こういう場合、麻酔をかけて尿道のつまりを解除した後、尿道カテーテルという膀胱まで届く管を挿入し、膀胱内を洗浄し、場合によっては、そのカテーテルをそのまま尿道に留置(抜けないように固定)します。そうすると、おしっこが垂れ流しになるので、おうちでの管理は大変なので、何日か入院させる・・・・という流れになります。
勤務時代はそのように処置していました。

幸い、無麻酔でつまりの解除はでき、おしっこの出口は開通したのですが、血液検査をすると、やはり急性腎不全の状態でした。
もともと気が強い性格の猫ちゃんと聞いていたのもあり、
尿道にカテーテルを留置するとサークル内とはいえ、管理が大変になってしまうと思い、留置はせず。

おしっこが出たことで楽になったのか、表情も少し落ち着き、急性腎不全の対策として、背中に沢山補液をしたのですが、翌日の日曜は私自身が予定がありお伺いできないので、万が一、おしっこが出ていないとか、調子が悪いようなら、申し訳ないけれど、必ず日曜に空いている近医に行ってもらうようお願いしました。

月曜日にはもう一度伺うようにしてそのお宅を後にしました。
自分も心配しながら週末を過ごしたのですが・・・。

悪い予感は的中です。

月曜日、連絡をいただいたのですが、やはり日曜にもおしっこが出ていないので、近医で処置後、そのまま入院となったとのこと。おかげで月曜の朝からは腎臓の数値も下がり、怒る元気も出てきたとのこと。

完全に私の判断ミスです。

申し訳ないことをしましたとお詫びをすると、飼い主さんは
『いえいえ、あのとき先生が来てくれなければ、あの子は死んでいましたから・・・』と言ってくださったのですが、
あの時尿道カテーテルを留置しておけば、近医へ入院してもらうよう手配をしておけば、猫ちゃん自身も苦しい思いを2度もする必要がなかったわけですし、費用の負担も余分にかかることもなかったはず。

往診で伺えば、緊急事態の回避はできると思っています。想定できる緊急事態に対する準備は備えているつもりではいます。
ただ、その後の対応を飼い主さんと相談して、もっと柔軟に、その子にとって1番よい手段を考えなければならないと深く反省した一件でした。



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
難しいね
すごく難しい判断だね。
どちらにしても、やはりぶれないことが必要なんだろうな。
学ぶ姿勢が、素晴らしいよ。

次回からに活かせるといいね。
2015/06/24(水) 17:38:49 | URL | chun #Y0BAREbE[ 編集]
難しい問題があると思います。
でも、飼い主さんの言葉は、本心だと思います。
そこはありがたく受け取っておきましょう。
2015/06/25(木) 00:49:05 | URL | コロパパパ #-[ 編集]
>chun
ありがとう。
この病気は珍しいものではないので、、開業前からどのように対応すべきか考えていたのだけれど、やはり入院が前提のものに対する対応は難しいなと思いました。

2015/06/25(木) 23:50:29 | URL | maco #-[ 編集]
>コロパパパさん
ありがとうございます。
この状況で感謝していただけるのは、本当に申し訳ない気分でしたが、今後も起こりうることなので、次回はちゃんと生かしたいと思います。
2015/06/25(木) 23:52:27 | URL | maco #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。