FC2ブログ
るい動物病院のブログ 知多半島エリアで往診専門の動物病院をしています
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護施設のワンコ
2015年05月16日 (土) | 編集 |
人の介護施設、グループホームから、そこで飼っているワンコの往診依頼がありました。

実はこのワンコ、先月は飼っている飼い主様のご自宅に狂犬病の注射を打ちに行ってます。
その時は、遠方に住んでみえるお身内の方が、対応してくださいました。
その後、飼い主のお母様がこの施設に入居され、ワンコさんも一緒に飼ってもらっているとのこと。

施設の裏ではありますが、犬小屋もちゃんとあって、快適そうです。

『こうやって、犬も一緒にお預かりすることってあるんですか?』と伺うと、

『いえいえ、こんなことは普段はないんですけど、飼い主さんが入居するにあたって、貰い手がいなければ保健所行だって聞いて・・・・お母さんとワンコの2人きりだったから。。。』

『でもね、このことってもお利口さんだし、職員にとっても”癒し”になってるんですよ~♪』

って教えてくださいました。
このワンコさんもそこそこのお年寄りで、愛想のよい小ぶりのミックス犬なので、みんなに可愛がってもらえそうです。

介護職の方は皆さんそうかもしれませんが、ここの職員さん、みんな笑顔で優しく対応してくださって、ここに入居されている方や、このワンコさんも、新しい人生を気持ちよく過ごされているんだろうなーって思いました。

入居されているお年寄りも触れ合うということで、混合ワクチンの接種をさせていただいて、ノミ予防の提案もさせてもらいました。

特に、ノミの予防はしっかりしておかないと、ノミが人の皮膚を咬んで発疹ができることがありますので、皮膚の弱いお年寄りですと、触れ合うことで問題が生じてもいけませんからね。

現在は、”アニマルセラピー”と言って、適切なケア・管理されているセラピー認定犬が、介護施設や養護施設に伺って、施設の方と触れ合いながら、そこで生活している人たちの気持ちを癒してあげる・・・そんな活動もあるんですよ。

ここのワンコも、プチ”セラピードッグ”ですね。

往診を終えて、ちょっとホッコリした気持ちになりました。
私もできる限り力になってあげられたらな、って思いました。






スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
イイハナシダナー
2015/05/17(日) 00:26:50 | URL | コロパパパ #-[ 編集]
>コロパパパさん
ほんとに、ホッコリさせてもらいました。
ブログで載せる以外にも、訪問医療は”ホッコリ”した気分になることが沢山ありますよ。
2015/05/18(月) 16:23:39 | URL | maco #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。