FC2ブログ
るい動物病院のブログ 知多半島エリアで往診専門の動物病院をしています
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オゾン療法 導入しました。
2014年12月16日 (火) | 編集 |
オゾン療法・・・なじみの薄い言葉だとおもうのですが、先日、るいちゃん号にその器械を導入しました。

141215-2.jpg


オゾン療法とは、オゾンガスを使って様々な病気の治療をするものです。
人の領域では”血液クレンジング療法”と呼ばれています。

日本の人の医療では保険の適用ではないため、なじみがないのですが、発祥の国、ドイツでは100年以上前から行われており、日本でも戦前は行われていたという歴史の古い治療法なのです。

オゾンガスを血液や粘膜に反応させることで、細胞の代謝をあげ、抗酸化作用を高め、細胞の修復作用を促進、免疫能力を挙げることで、さまざまな慢性疾患、急性疾患の治療、、人では冷え・肩こりなどの”病気”ではない不定愁訴の治療、がんの縮小効果なども認められることから、がんの補完療法などにも用いられています。

代謝をあげ、細胞を活性化することで、いわゆるアンチエイジング効果がありますので、

老化に伴って、足腰が弱ってきたお歳よりワンコやニャンコ、
皮膚に腫瘍ができているけど、高齢なので麻酔をかけてまで手術はしたくないという患者さん、
アトピー性皮膚炎で薬を多用しており、薬が減らせない患者さん

などなど。。。。自分の免疫力や、細胞の持っている力を活性化させる治療のため、治療の対象となる病気はかなり広範囲になります。

オゾンはとても不安定な気体なので、反応してすぐに酸素に代わってしまうので、治療自体の副作用は全くないと言っても問題ありません。

動物病院でも、導入しているところは少しずつ出てきているのですが、まだ数は多くありません。
当院では車に常設することで、訪問先のワンコやニャンコの健康のお役に立てたらと思っています。

詳しくはHPに載せました。
よかったらご覧ください。

るい動物病院HP オゾン療法について
http://rui-vet.com/ozone.html
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
オゾン療法の効果
お世話になっております。
二回目のオゾン療法を受けた後
今日は朝から猫の調子がいいです。
腎不全が発覚する前のような行動もありました。
(お風呂についてくる、庭の探検などですね。
 元気だったころの雰囲気をふわりと漂わせてくれました)
懐かしくうれしく、
この命が少しでも長く・・・という
想いを かなえてくれていると感じます。

2014/12/23(火) 21:13:22 | URL | にぼこ #-[ 編集]
>にぼこ様
調子が良さそうで本当に良かったです。

今、自分が診ている、
慢性疾患や、老化に伴う体調不良のワンコやニャンコ、我が子に向かい合って頑張ってケアしている飼い主様たちに、なにかもっと役に立てる方法はないものかと取り入れた治療なので、元気が出てくれてることが、なにより嬉しいです。

気持ちよく年越しして、お誕生日も迎えて、もっともっと元気で一緒に居られるように、お手伝いさせてください。
2014/12/24(水) 08:02:04 | URL | maco #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。