るい動物病院のブログ 知多半島エリアで往診専門の動物病院をしています
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嬉しい再訪問♪
2014年08月26日 (火) | 編集 |
先日、柴犬の子犬の初めてのワクチンに伺いました。

往診を始めて3か月弱、大型犬や、移動手段がないお宅の成犬で呼ばれる機会が多かったので
往診スタイルでは、仔犬のころからお世話をさせてもらえる機会は、なかなかないのかなー、なんて
思っていたんです。

なので、子犬の時期に声をかけていただけたのもモチロン嬉しかったのですが、
訪問したお宅というのが、私が6月2日、開業当日に往診に伺った
るい動物病院の”第1号”の飼い主さんのお宅だったんです~♪

”第1号”といっても、正確には、6月2日の開業前から友人、知人宅を回らせてもらったし、
知人伝いに紹介を受けて往診したりしていましたから、診療自体は一番最初ではなかったのですが
まったく私のことを知らない、新聞広告を頼りに電話をくださった飼い主さんだったんです。

その時は高齢のニャンコさんで、その3、4日前から調子が悪く、どうしたものかと考えていたら
たまたまチラシが入ったので『これは助かる』と、声をかけてくださったようなのですが
再度、新しいワンコさんで往診の依頼を受けた時は、嬉しくって当日はウキウキ気分でした。

元気いっぱいの柴ちゃんの健診とワクチンを済ませた後、
6月に診たニャンコさんが、”最近体が汚い?”とのことで、ついでに姿を見に行きました。

体が汚いわけではなく、グルーミングが不十分で古い毛が抜けずに腰のあたりがダマダマになっている状態。

年齢が高齢になってきたり体調が悪かったりすると、毛づくろいの頻度が減って
古い毛が残ってこうなるのですが、食欲等は問題ないみたいなので、
嫌がらない程度にチョコチョコとブラッシングをしてもらうようにお願いしました。

病院に連れていくほどではないけれど・・・という本来の目的ではないペットさんまで顔を見れるのは
往診でしかできない魅力ですね。

往診では、施設での診療と比べて至らない部分も多いのですが、
私はあくまで”飼い主さんにとってのホームドクター”を目指しているので
この新しくきた小さなワンコの成長と、高齢ニャンコのケアを飼い主さんと一緒に見守っていけたらな、と思います。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。