るい動物病院のブログ 知多半島エリアで往診専門の動物病院をしています
予防接種②
2017年04月24日 (月) | 編集 |
ふだん往診で呼ばれるお宅は、どちらかというと高齢だったり、病状が深刻だったりするケースが多いのですが、この時期は、狂犬病の予防注射やフィラリア予防の関係で呼ばれることが多く、若くて元気のいいワンコさんと沢山会えるので、往診に伺うのもちょっとテンションがあがります。

pet_inu_chuusya.png

時々、お問い合わせであるのが

『うちのこ、キツイからまともに注射を打たせてくれるかどうか・・・』

とか、

『咬んでくるかもしれないから、口輪がいるかも・・・』

というお電話です。
多いのが、外飼いの柴犬とか、中型犬クラスのミックス犬に多いような気がします。
伺ってみないとわからないので、ひとまず往診宅に向かいます。

確かに、ワンワン吠えてはいるのですが、攻撃的な感じではないんですよね。

全てに当てはなるわけではないのですが、基本的に犬は臆病な動物。
ワンコさんが知らない人をみて吠えるのは、

『恐怖からくる防衛』
なのです。

(あんた誰だ~、怖いよー、怖いよー)

って言っているだけなんですよね。

なので、ワンコに目を合わせることなく3~5分くらい主さんとお話していると、なんとなく落ち着いてきます。
日頃、予防注射は動物病院で格闘になるようなので、飼い主さんもやや躊躇してしまうものですから、

『どうやって持てばいい??』

なんて言いながら、首を捕まえようか抱えてみようか・・・などと体制を整えようをしているうちに、チャっと打ってしまえば、

『あれ?もう打ったの???』

という感じで終われる場合もあります。

こういう子達は、日ごろあまり病気もしないので、動物病院に行く機会も少なく、しかも車に乗る機会も、室内に入る機会も少ないので、すべてのことが、びっくりドッキリになってしまうんでしょうね。

そんな興奮と緊張状態で注射を打たないといけないわけですから、抑え込む→余計に怖い!

この時期は動物病院は忙しくなりますから、のんびりとワンコの緊張を解いている余裕もないので仕方ないのですが、そのために病院嫌いのワンコを増やしてしまっているのかもなーと、勤務医時代の自分に反省しています。

ワンコの性格も千差万別。

当然このパターンに当てはまらないケースも多々ありますし、飼い主さんに怪我をさせるわけにもいかないし、自分も怪我をしたくはないので強引に接種する場合も出てきますが、飼い主さんには愛想がいいのに動物病院は大嫌い!という子は、意外とご自宅だとお利口さんに接種させてくれるかもしれませんよ(^-^)


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック