るい動物病院のブログ 知多半島エリアで往診専門の動物病院をしています
予防接種
2017年04月08日 (土) | 編集 |
DSC_0812.jpg

このエリアでもようやく今週後半から桜が満開になり、桜の景色を楽しみながら往診先を移動しています。

4月に入り、狂犬病の予防接種や、フィラリア予防のご依頼など、本格的な予防シーズンに突入しました。

往診を始めてから3シーズン目。
初めての年からお声をかけていただき、大きな病気をすることのないワンコさん達でも、1年に1回会える日です。

最初の年は自分に余裕がなく、予防関係だけでもかなりテンパっていたと思うのですが、3シーズン目になると、訪問先の数が増えてきても気持ちに余裕が生れます。

尻尾をプンプンに振って大歓迎をしてくれたプードルちゃんが、注射を打った瞬間
『何すんのよ、騙された!!!』
という態度になり、お会計の際は、全く近くに寄ってきてくれなくなって、ちょとショックを受けたり、
飼い主の方ともフードや、しつけの話など、病気ではないペットならではの心配事を聞いてみたり。

病気知らずの子は、そもそもあまり伺うことがないので、お会いするのも2回目か3回目だったりするお宅もあるのですが、一度でもご自宅に伺うと、飼い主様と打ち解けた感が強くなり、なんだか親戚のおじちゃんやおばちゃんちの犬を診ているような、そんな気持ちになります。

今年で獣医師になって20年(21年目?)になるのですが、勤務医時代はその忙しさから、予防関係は、なんとなく”マニュアル化された作業”のような動きになってた部分もあり、往診現場では去年までは効率よく勧めていくことに頭がいっていたのですが、今年はなぜか、今までの獣医師人生の中で、ものすごく楽しい予防シーズンになっています。

せっかくの機会なので、健康な子に、いかに元気なままで毎日を過ごしてもらえるか、そんなご提案ができたらな、と思っています。

往診のメリットは、お話できる時間が長いということ。
病気ではないけど気になることや、フードのこと、シニア時期を迎えるにあたっての不安など。
どんな些細なことでも、この機会におっしゃってください、一緒にモヤモヤを解消していきましょう。

ただ、ありがたいことですが往診依頼件数は年々増えており、これからハイシーズンを迎えるにあたり、ご希望のお時間でお受けできなかったり、予防関係以外の通常診療での訪問依頼も同様にありますので、時間通りに到着できないこともしばしば起こります。

できればお早めに、お時間の余裕を持ってご予約いただけるとこちらも助かりますので、協力をよろしくお願いいたします。

DSC_0810.jpg

桜の開花を待ちわびていたので、いつも以上に桜の景色が美しく見えます、
季節の移り変わりを肌で感じることができるのも、往診のメリットのような気がします。

芽吹いてくる草木にエネルギーを分けてもらいながら、頑張りたいと思います。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック