FC2ブログ
るい動物病院のブログ 知多半島エリアで往診専門の動物病院をしています
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リードを付けること
2016年10月21日 (金) | 編集 |
朝一番の往診先に向かう途中、保育園の前交差点で赤信号のため停止しました。

enji.png

横断歩道をお母さんと手を繋ぎながら渡る親子の姿、門の前では保育士の方が、『おはようございまーす』と笑顔で挨拶を交わしています。
見ていて気持ちがホッコリする、ほほえましい光景です。

歩いて登園する園児は皆、お母さんとしっかり手を繋いでいます。



るいちゃん号を走らせていると時々、ノーリードで散歩をしている飼い主さんがいます。
地元の人の車しか走らないような狭い道路のみならず、車通りの比較的多い道路でもリードを付けずに犬を歩かせている場合があります。

お利口そうに飼い主さんの足元を歩いていますが、正直見ていてドキドキします。

もし、万が一、急に犬がびっくりしてパニックになった時、どうするんだろう?
車が走らなくても、出会い頭に自転車が来たら、
ランニングしている人が出てきたら、
自分が車で横を通るときに、突然飛び出してきて轢いてしまったら、
避けようとした車がハンドルを切り損ねて、運転手が怪我をしたら・・・。

犬にリードを付けるということは『拘束する』ということなのでしょうか?

『うちの子はお利口だから絶対に大丈夫』
たぶん、飼い主さんはそう思っているのだと思います。


園児とお母さんは車通りのある道は、必ず手を繋ぐと思います。
自分の子はお利口さんだと思っている母親も、手放しにはしないはず。
手を繋ぐことは”拘束”ではなく、”愛情の証”なんです。

車通りの少ない通りで手を放していても、危険を感じたらすぐに手を取り、我が子を自分の元に寄せるでしょう。


犬は人の3歳から5歳児の知能があると言われています。
どんなに高齢になって、飼い主さんのいうことを良く聞くお利口さんのワンコさんでも
”分別のつく大人”ではなく、”とってもお利口な3歳児”なのです。

ノーリードの場合、万が一の危険が訪れた時、犬は人と違って”手を繋ぐ”ことはできません。
抱え上げることが間に合わなければ事故に合う危険が増します。

勤務医時代、ノーリードで散歩をさせていて、道路に飛び出してしまった犬を守ろうとして、飼い主さんが車に跳ねられた、、、という例を知っています(その犬も一緒に跳ねられました)。

足元を一緒に歩けるワンコさんなら、リードをぐいぐい引っ張ることもないでしょうから、お互いの負担もほとんどないはず。

sanpo.png

リードでつながることは、自分のワンコと”手を繋ぐこと”、、、飼い主との愛情の証です。

飼い主の責任として、自分の犬の命は安心できる形で守ってあげてください。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。