FC2ブログ
るい動物病院のブログ 知多半島エリアで往診専門の動物病院をしています
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学会発表してきました
2016年04月28日 (木) | 編集 |
260428-1.jpg

ブログを書いている時間が取れず少し前の話になるのですが、4月7日(日)に、初の学会発表というものをしてきました。

『日本医療・環境オゾン学会』

私は日常の往診診療でオゾン療法を取り入れているのですが、この学会は、オゾン療法を取り入れている医師・歯科医師・獣医師などの医療関係者のみならず、殺菌・洗浄などの環境分野、またオゾンについての基礎研究など、オゾンに関わるあらゆる分野の方々が集まる学会です。

オゾンの器械を導入するのと同時にこの学会に入会し、勉強をさせてもらっています。

そんな学会で、私は

『往診診療におけるオゾン療法の活用』

というタイトルで、自分が日常行っている、在宅でのオゾン療法の方法やその効果について症例報告をしてきました。

1628-02.jpg


自分は友人の結婚式のスピーチもカンペなしで話せるくらいなので、結構キモが据わっている人間だと思っていたのですが、できるだけ沢山の症例を報告したくて、内容を盛りだくさんにしてしまったおかげで、決められた時間で収めることにプレッシャーがかかり。。

まー、テンパることテンパること・・・(^_^;)

スライドがうまく切り替わらないし、咬み咬みになるし、終わったら喉がからからになるしで、散々だったのですが、自分が伝えたかったことは、一生懸命に話してきました。

オゾン療法でびっくりするような効果が出ることもモチロンなのですが、世の中には私のような、ちょっと変わった往診専門獣医がいるということや、ペットにおいても、多分、人医療においても、在宅医療はとても重要な分野なのではないかということ。

獣医師だけではない学会(むしろ獣医師の比率は少ない)ということで、幅広い層に少しでも理解していただければと思い、頑張って発表してきました。

主に腫瘍の患者さんや、老衰の患者さんに対する効果についてまとめたのですが、、発表の原稿やスライドを作りながら、往診を始めてから出会ったワンコやニャンコ、その飼い主さんとのやり取りを思い出し、涙がホロリとくるようなエピソードを振り返りながら作りました。
一喜一憂しながら、一生懸命にペット達と関わる飼い主さんの姿も伝わるといいなと思い、そんな内容にしました。

いろんな文献を用いた研究論文ではないし、数値のデータも全くないし、専門用語もほとんど出てこない、”こんな子に効いた””あんな子に効いた”という、学会発表っぽくない?誰が聞いてもわかりやすい内容となり、大学の先生なども集まるような学会なのに、こんな発表でいいのかしら・・・という不安が残りりつつ。

でも学会が終わった後、大阪の獣医師の先生が『先生の発表、すごくよかったです~~!』って声をかけてきてくださいました。
”よかったー、こんな咬み咬みの発表でも、私の思いが伝わったんだ”と思ったら、実はものすごく重荷だったのですが、発表して良かったと思いました。

その後の懇親会でも、獣医の先生とご挨拶させてもらったのはもちろんなのですが、人のお医者様や、オゾンを用いた美容業界の方からもお声をかけていただきました。
皆さん、ペットを現在飼っている、もしくは以前飼っていた経験があり、ペットにオゾン療法が効果を上げることもそうだし、オゾンの器械を積んでいる往診の獣医師がいることにも関心を持ってくださっているようでした。業種を超えて”親バカならぬ、我が家の犬バカ・猫バカ”談義に花が咲きました。


よい経験をさせてもらいました・・・・が、発表はもういいです~~(>_<)








スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。