るい動物病院のブログ 知多半島エリアで往診専門の動物病院をしています
リードが絡まったワンコ
2015年10月30日 (金) | 編集 |
ある日の夕方、予約のお宅の診療を終えると携帯に留守電が。

『犬のリードが足に絡まって取ることができなくなっているので、何とかならないものか・・・』とのこと。

こちらから電話をかけ直してみると、

”車庫につないでおいたらリードが足に絡まり取れなくなっている。高齢になって目が見えにくくなっているせいか、最近はご飯をあげるときでも飼い主さんに威嚇する態度を見せるようになり、とても手が出せない”

ということでした。

”獣医療”という域は外れているかもしれませんが、お声からすると年配のご婦人で、とてもお困りのようですし、鎮静剤等が必要なら獣医師にしか処置はできませんし。

実際にお伺いすると、昔風ではありますが、敷地の広い立派なお屋敷です。
どうやら朝から庭師さんがお庭の手入れに入ったそうで、いつもいる犬小屋から、車庫の中に繋ぎかえて1日過ごしていたようなのですが、夕方見たら左の後ろ足にグルグルに絡まっていたのだそうです。

20キロ近い13歳のミックス犬。
よだれも垂れて興奮気味。かなりパニック状態なのでしょう。

『麻酔でも打ってもらわないと外せないと思って・・・』

確かにそうなのですが、麻酔を打つ・・・というのは、体に注射しないといけないわけで、私が咬まれないようにするためには、飼い主さんに支えてもらわないといけないのです。。。飼い主さんが咬まれないようにするためにはそれ相応の準備が必要。
また、高齢犬に何の検査もなく鎮静剤を打つのはためらわれますが、そんなことは言ってられない緊急事態。

麻酔のリスクは短時間で説明させてもらいましたが、やるしかない。

ただ、とてもそのまま触れる状況ではないので、やむを得ず口輪を付けようとしますが、口輪を咬まれてブルンブルン。

エリザベスカラーを付けてみようと思ってもそれも咬まれてブルンブルン。。

紐で口を締めようかと思っても、紐も咬まれてブルンブルン。。。。


さてさて、さすがに困りました・・・・。


『どなたか男手っていらっしゃいます?』
『主人は4年前に亡くなっているんです・・・』

そうですか・・・・。
しばし悩む私。。。。



車庫の柱にリードがくくりつけてあるのですが、グルグル巻きになっている分、ワンコさんの可動域は30~40センチしかないので、ちょっとひらめきました♪


『何かちょっと大きめの板ってあります??』

『あー、あるある!』

さすがお庭の広いお屋敷。庭の片隅にちょっと古ぼけた感じのスノコ状の板が。

これでワンコさんの顔から上半身を車庫の壁にサンドイッチ状態に挟み込むと、顔は隠れますし、お尻は出るので鎮静剤も打てそうです。

施設の診療でも、どうしようもなく触れないワンコさんの時に、入院室の扉を外して診察室の壁とサンドイッチにして注射をすることがあるのを思い出しました。

挟んでみたら、うまくいきそうな気配。

『お母さん、こうやってしっかりと板を抑えててもらうことできます??』
『大丈夫、まかしといて!』

飼い主さんと2人がかりでワンコさんを抑え込み、何とか鎮静剤の注射ができました。

鎮静がかかったところで、絡んだリードを外しました。
リードも太いものでしたし、カッチカッチに絡んでいて、外すのにも一苦労しました。
鎮静がかかっているうちに、抱えていつもの犬小屋に繋ぎかえて、ひとまず処置は終了。

今の鎮静剤は、拮抗薬と言って鎮静作用を打ち消す注射があるので、往診という短時間の滞在でも目が覚めたことを確認してから帰れます。

絡まっていた足を痛めていないか確認しないといけないので、覚醒するまで飼い主さんと雑談。

『私、いくつ(何歳)に見える??』

飼い主さんが私に聞いてきました。私の母と同世代か少し上に見えそうなご婦人。

『74,5歳くらいです?』

と答えると

『85歳なんだわね』

え~~~~~、若い!!!!
背筋もシャンとして、すごくしっかりして見えます。

私、半分力仕事みたいな作業を85歳のおばさまと2人で頑張ってしまった!

私、まだお母さんの半分しか生きてないですよ(^^)、なんて話をしながら覚醒を確認し、しっかりと4肢を着いて、私に唸ってくる元気が戻ったことを確認して一安心できました。

飼い主のお母さん、ものすごく喜んでくださいました。

今回はうまくいったので美談(笑い話?)になりますが、お互い痛い思いをしなくて本当に良かったと思いますし、高齢犬の鎮静処置は、万が一の対応が往診では限界はありますので、かなり緊張します。

できるだけこういうことは起こらないといいよな、と思うのでした。










スポンサーサイト
サプライズです☆
2015年10月26日 (月) | 編集 |
『気になるドッグカフェがあるんですけど、一人で行くのは寂しいので、一緒に付き合ってもらえませんか』

元職場の後輩の先生に誘われ、ランチの日程を決め、日曜日、指定の時間にるいちゃんを連れてそのお店に。

扉を開けると、そこにはなんと、一緒に働いていたスタッフが皆いました♪

『何!?何!?何!???』

一瞬状況が呑み込めなかったのですが、職場を完全に辞めて往診診療1本でいく私のために、壮行会を企画してくれていたのでした!!

も~~、びっくりです。サプライズ企画!!!

都合が合わず全員集合ではなかったのですが、私を含め総勢6名(1人はチビッコ)+3匹のワンコと、久しぶりに楽しい時間を過ごすことができました。

こんな素敵な時間を作ってくれたことだけでも感激だったのに、なんと私のためにスペシャルデザートが!!

るいちゃん号!!GO!!

151026-1.jpg


なんかウルウルしそうでした~。

これらかは1日中一人で、雑談する相手も嬉しいことや悲しいことを共有できる仲間もいない環境なので、寂しいよなーって思っていたのですが、私は1人じゃないんだよね、って改めて思いました。

みんな、本当にありがとう!!



往診1本で行くということは、外科的な処置が自分の力ではできなくなります。
私は外科が嫌いで往診の道に進んだわけでは決してないので、今でもこの時期のこの選択が正解だったのか、考えるときはあります。
必要に応じて近隣の動物病院のお願いすることになるのですが、きっともどかしくなる場面にも遭遇するんだろうなって思ってます。

ただ、往診診療を始めて1年と4か月、1人で処置を行うことで手際の悪い場面には遭遇しますが、想像していた以上に在宅でできることは多いということは実感できました。

飼い主様が高齢だったり、病院に連れていく時間がとりにくい環境だったり

ペットが高齢だったり病院嫌いだったり。。

いろんな事情で、病院に連れていくことが困難なご家庭が多いことも知りましたし、かといってペットに対する愛情は、施設に連れてくる人たちとなんら変わりないということも感じました。

元気にできるかできないかは別にして、大事な我が子を何もせずに諦める・・・というのは本当に辛くて苦しい。

私自身、数年前に飼っていた猫が突然呼吸困難に陥り、動かしたり抱きあげたりすることが不可能になり、獣医のくせになんの診断も、治療らしい治療もできない、ただ見ているだけ、頭や体を撫ぜてあげるだけ・・・で亡くなってしまった経験があります。

そうすると、”ごめんね”っていう気持ちが残ります。

飼い主さんが、
”この子と一緒に過ごせて幸せだった、本当にありがとう”・・・そう思ってもらえるように、往診にしか、私にしかできない役割って絶対あると信じています。

るいちゃん号!!GO!GO!で頑張ります!!


11月からは診療時間を増やします。日祝は終日休診のままですが、平日は水曜午後のみの休診です。
診療時間内に電話1本いただければ、急な往診でもできる限り対応します。

何かお困りの際はお気軽にご連絡くださいね。


帰ってきた猫ちゃん♪
2015年10月20日 (火) | 編集 |
9月25日のブログで掲載ていた、行方不明の猫ちゃん。


行方不明の猫ちゃんを探しています!

10月15日に無事に飼い主様の元に帰ってくることができました(^^)

痩せてしまってはいるものの怪我はなさそうで、ご飯も食べてくれているが、心配なので念のため診てほしいとのことで、先日往診に伺いました。

元々外に散歩に出る猫ちゃんだったそうなのですが、普段は目の届く範囲で行動しているのが夕方になっても帰って来ない・・・・そこから20日経っての無事保護、本当によかったです。

家の前の畑でニャーニャー鳴いていたらしく、飼い主さんが保護した際には、飼い主さんの顔も忘れてしまったかのように、警戒心が強かったそう。

多分、強い野良猫ちゃんに追いかけられたとか、何か怖い思いをしてパニックになり、帰れなくなってしまったのか、本人に聞けないので事情は分かりませんが、よく頑張りました。

以前の体重からは数百グラム減ってしまっているので、見るからに痩せてしまっているのですが、食欲は問題ないとのことでしたので、今回は血液検査等の詳しい検査は見送り。

体を触って、ひとまず大きな怪我がないことは確認できました。

飼い主さんは寄生虫の有無を気にしておられましたが、

お腹の中の寄生虫は、基本的には何らかの理由で、寄生虫の卵や幼虫を摂取してしまった場合、それがお腹の中で成虫になり、卵を産んで便とともに排泄されないと見つけることができません。

また、外部寄生虫であるノミは体について短期間のうちは、なかなか発見が難しいのです。

というのも、ノミは犬や猫の体の上でないと生きていけないので、外に出て感染するのはノミのいる犬や猫とダイレクトに接触した時や、ノミ感染をしている犬や猫から落っこちたノミがいるところを運悪く通ったことで、感染する・・・そんな流れになります。

なので、沢山のノミが一気につくことはなく、1匹2匹感染したノミが毎日毎日卵を産み、それが生活環境中で幼虫になり、蛹になり、親ノミとなって、再感染することにより気付いた時にはノミの大量寄生が起こる・・・と言われています。

なので、目に見えるノミは氷山の一角。

1匹見つけたら、その100倍以上の予備軍がいると思ったほうがいいです。あ~怖い怖い。

ですから、ノミの有無を確認してから駆虫・予防をするよりも、先手を打って予防策を講じておくことが正解だと思うので、今回はスポットタイプのノミ駆除薬を処方(今は合わせてミミダニやお腹の中の寄生虫を退治してくれるものもあります)。

念のためにお腹の中の寄生虫についても、別のスポット剤(首に滴下するタイプのお腹の寄生虫の駆除薬)を処方しました。

お腹の虫は、万が一感染していた場合、成虫にならないと駆虫効果が出ないので、少し後での投薬をお願いしました。

高齢なネコちゃんでしたから、もしも食欲も落ちてくるようならすぐに教えてくださいとお願いして帰ってきましたが、その後の連絡もないようなので、多分元気で過ごしていることと思っています。

よかったです☆
行方不明のワンちゃんです!
2015年10月16日 (金) | 編集 |
【情報求む!!】

10月4日より、常滑市蒲池町のご自宅から行方不明になってしまったワンちゃんです。

151015-1-1.jpg

一見すると5~6歳に見られがちなのですが、実は11歳の高齢ワンコとのこと。
咳をしていたのが心配とのことでしたので、喘息と書かれていますが、もしかしたら
心臓が悪いのかもしれません。

とても愛想の良いワンコさんだそうです。


保護された方や、見かけた方は

吉川様  090-5603-3811

までご連絡をお願いいたします。

どこかで保護されて無事でいますように。。




***************************************************************************

9月25日に掲載しました行方不明の猫ちゃん、今日無事に保護されたとのこと。
痩せてはいるものの、怪我もなく、食事もとれているとのことでした。

こちらは見つかってよかったです。
ご協力ありがとうございました。

明日(今日?)、念のため往診に伺うことになりました。


お昼過ぎに見つかったと連絡を受けて喜んでいたのに、夕方に今度はワンコさんの問い合わせ。。。。
飼い主さんの胸中を察すると胸が痛みます。


11月より診療時間を変更いたします
2015年10月05日 (月) | 編集 |
◆診療時間変更のお知らせ◆

11月2日(月)より、診療時間(休診日)の変更をいたします。

変更前 休診日

日・祝 終日
火・水・金曜の午後

変更後

日・祝 終日
水曜日の午後

詳しくはこちらをご覧ください→往診エリア・診療時間


診療時間の変更に伴い、私自身において、手術等の外科処置ができなくなります。
もしも外科処置・特殊検査等の措置が必要と判断された場合は、可能な範囲で設備のある動物病院をご紹介いたします。

10月末日までは、今まで通りの診療時間で診察しております。

よりいっそう、お役に立てる訪問医療を目指して頑張っていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。