るい動物病院のブログ 知多半島エリアで往診専門の動物病院をしています
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車載の検査機器  その1 『顕微鏡』 『血液検査機器』
2014年10月29日 (水) | 編集 |
『往診でワクチンって打ってもらえるんですか?』
『往診で血液検査までしてもらえると思いませんでした~』など、
いろいろ往診の守備範囲というか、診療可能範囲について、お声をいただきます。

開業前のブログで検査機器についてちょっと触れましたが、ここで改めて車載している機器について、HPと連動させる形でお伝えしようと思います。

当院は”往診専門”といっても、施設の診察台での診療ができること!、を目指していますので、車一台の訪問でも、ここまで可能なんだ~って思っていただけると幸いです。

『顕微鏡』

後部座席に入ると目の前に顕微鏡があります。

141023-1.jpg

これを使って、肉眼では確認できないこと・・・糞便検査・尿検査・皮膚などの寄生虫の検査や、血液の塗抹標本や細胞診(腫瘍などの細胞を染色液で染めて確認する検査)の検査などを行います。

ちなみに、顕微鏡の上にかけてある緑色の紐、これは運転中の転倒防止用の固定です。

染色・・・というお話を出しましたが、血液や細胞は、そのままでは色がないので、細かい形態の確認ができません。
細胞を染色するにはいろいろな試薬があるのですが、訪問医療では染色時間を十分に取れないため、簡易染色と言って、数十秒で染めることができる試薬を使っています。

試薬です。

141023-14.jpg

必要な検体の載ったスライドグラスを、左の液から順番に5秒ずつ浸していきます。最終的にスライドグラスを水で洗い流すと、血液は赤く染まり、細胞の核の部分は濃い紫に染まり、様々な細胞の形態を確認することができます。

・・・・以外にこの染色作業を車内で行うのは大変で。。。

同業の方や、染色の経験がある方はわかるかと思いますが、この染色液、ほかのものに付着するとなかなか落ちません。
この狭い車内で瓶をひっくり返そうものなら、さあ大変・・・。
手指についてもなかなか落ちません。。。

なので、この四角の容器に小さく切ったペットシーツを敷き、その上で、手指に液がつかないよう、慎重にふたを開け、液の小瓶を倒さないよう、さらに慎重にスライドグラスを染め、その後蓋を閉めて液の瓶をしまったら、水の入ったボトルでスライドグラスについた余分な液を器の中で洗い流す・・・・という地味な作業を行っています。

たぶん、この作業をしてる私の変に緊張している後ろ姿は、人様にはお見せできないかも。。


『血液検査機器』

その1  血球計算機

141023-2.jpg

その名の通り、血液の数を数える器械です。

この機械で赤血球の数や濃度、白血球の数、血小板の数を数えます。
白血球にはさらに細かい分類があるのですが、この機械では白血球の細かい分類までは確認できないので、必要であれば先ほどの染色作業を行って、白血球の分類や、赤血球の細かい形態の観察をします。

以前、ブログで紹介したのですが、この器械、そもそも車に積むのはかなり無謀らしく。。。

血液の数を数えるには、器械が自動的に血液を希釈して測定します。
この台の下に希釈液が積んであるのですが、機械の中に希釈液が残ったままだと、運転の振動時に、機械の中にその液が漏れてしまうらしく、器械内部が濡れてしまい故障のもとになるそうなので、毎回運転前には機械の内部の液を廃液する作業をし、訪問先での検査時は、液を満たして検査を行い、終わったらまた廃液作業をする・・・と、どこかに固定していある状態よりもひと手間がかかります。

でも、この検査ができないと血液検査は成立しないので、私の往診車では必須の機械です。

その2

『血液生化学検査器』

141023-3.jpg

血液検査でも、血糖値や肝機能、腎機能など、主に内臓機能を測るための検査器です。
手前に見える小さな器械は遠心分離器です。
この遠心器で血液を血清分離した後、この検査器にかけます。
尿検査なども、尿を遠心分離器にかけて、尿中の細胞を集め、顕微鏡で確認したりします。

この生化学の器械、一定の温度まで暖まらないと作動できないので、スイッチを入れてから使えるようになるまでに数分かかります。
それは問題ないのですが、反対に、器械そのものが35度以上に上昇すると作動しません。
夏場の血液検査で、車内が暑くて器械が暖まりすぎて作動せず、車内のエアコンを前回にして、クーラーボックスの保冷剤を器械の上に載せたりして、ようやく使えるようになったことがあります。
これも、往診車ならではのハプニングでした。。。

精密な医療機器なのに車で移動する・・・という過酷な環境の中、今のところ(?)故障することなくちゃんと仕事してくれています。


上記の2つの器械で、一般検査は対応可能です。
ホルモン検査などの特殊検査については、専門の機関に依頼することもあります。



スポンサーサイト
ふれあい教室♪
2014年10月22日 (水) | 編集 |
先週の話になりますが、愛知県獣医師会主催の学校飼育動物関連事業である「ふれあい教室」に参加してきました。

これは、各小学校に、県の獣医師会の獣医師と地域の獣医師が集まり、(今回の場合は)学校で飼育しているウサギさんと、獣医師会が準備してきたウサギさん使って、動物の扱い方、命の大切さを学ぶ授業なのです。

私は当然のことながら開業したての1年生なので初参加。
事前に資料やDVDをいただいていたので、一応予習はしていきました。

開催は常滑市内の小学校、対象は2年生の児童、3クラス、約90名です。
”2年生”・・・そうなんです、学校は違いますが、先日の『じゅういさんのおしごと』でお手紙をいただいた学年が2年生。

『国語の授業でちょうど獣医師の話を学んだところなので、きっと子供たちは興味津々だと思いますよ~♪』
って、先日の飼い主さんに言われていたので、こちらもどんな会になるのか、初めてなので不安もいっぱいでしたが、期待も高まります。

まずは子供たちが会場となる教室に入場。
先生の言うことを聞いて、”びしっ”と整列もできるし、獣医さんたちへのご挨拶も完璧です。お~、素晴らしい☆

まずは県の獣医師会の担当の先生がスライドを使って、うさぎとはどんな生き物で、どのように扱えばいいのか、わかりやすく説明されました。
とっても子供たち目線ですごくわかりやすい説明で、みんなよそ見することなく一生懸命聞いているし、
このわかりやすい説明に尊敬の眼差しをもって私も一生懸命聞いてしまいました。

そのあと、10人ずつの班に分かれて1人の獣医師と1匹のうさぎさんを囲んで、順番にウサギの抱き方の練習をします。
スライドで説明があったので、みんなとってもお利口さん♪

”ふわふわ~♪””あったかい~♪”、そんなコメントが帰ってきながら、みんな優しく抱っこができました。

そのあとは、2人用の聴診器を使って、ウサギの心臓の音を聞いてもらい、次に自分の心臓の音も聞いて、ウサギの心音と人間の心音の違いを確認しながら、ウサギも自分と同じように命を持っている大切な生き物なんだよ~ってことを説明していきます。

141022-1.jpg

ウサギの心音はかなり早いので、自分の心音との違いにびっくりしていましたが、聴診器を耳にあてること自体も多分初めてだと思うので、それにも興味深々の様子でした。

かなり緊張していましたが、ウサギと子供たちに癒されつつ、あっという間に終わってしましました。

子供たちは、何を感じてくれたんでしょうね。
学校には2匹のウサギが飼育されているそうで、飼育当番は5年生からなのですが、
みんなが5年生になった時に、生き物を大切に扱える、優しい子に育っていってほしいなあと思いました。

余談ですが、県の獣医師会の役員さんの1人が、なんと私の大学時代の同じ研究室の1つ下の後輩クンでした。
ま~~、世間は狭いものだと改めてびっくり。
彼は開業してすでに11年目とのことなので、新米開業医の私からすると大先輩です。

同じ大学の卒業生とも交流があるそうなので、仲間に混ぜてもらえるよう名刺交換をさせていただいたので、今後、それにもちょっと期待♪、です。






難しい病気のワンコ
2014年10月10日 (金) | 編集 |
以前の勤め先から何年も診ているお年寄りのコーギーさんがいます。

ことワンコは”炎症性筋症”という病気です(確定診断をしたわけではなく、症状からの暫定診断です)。
この病気はお顔の筋肉が少しづつ萎縮して、顎がうまく動かせなくなったり、舌がうまく動かせなくなる、原因のはっきりわかっていない難病です。
体内の免疫が関与していると思われるため、免疫抑制剤を使いながら、少しでも病状の進行を遅らせる、というのが治療の方法となるようで、もう何年も薬を飲んでもらっています。

私は神経系の専門家ではないので、自分の探せる範囲の資料で見つけた情報で、症状が合致していたのが
この病名だった・・・のですが。

体はまるまるして普通の体格なのに、顔だけが余分なお肉がなく
骨が浮き出ている状態で、顎がうまく閉まらないので常によだれも出てしまいます。
しかも、萎縮した長い舌は、紙のようにペタンと折れ曲がってしまうので、うまく食事を運ぶことができず、当時、飼い主さんと試行錯誤した結果、粒の大きなフードを使ってなんとか自力で口の中に拾ってもらい、ご飯が食べてれている状態です。


この病気は進行性の病気で、嚥下がうまくいかなくなったり、歩行がうまくいかなくなる形で進行するようで、この先、ご飯がうまく食べられなくなったら手の施しようがないかもしれない、という話は飼い主さんも了承してくれていますが、とても献身的にお世話をしてくれています。

すごく幸せなワンコだと思います。

先日、そのお宅から電話がかかってきまして
『一日中お水ばかり飲むようになって、ご飯も食べないくなってしまった・・・もうどうすることもできないのだろうか・・・』

年齢も高齢なので、病院に連れていく負担を考えると、往診に来てもらったほうがいいかも、とのことで伺うことになりました。

実はそのお宅、知多半島の先端にあり、私の往診範囲からすると、一番往診代がかかるエリアになります。

往診先に向けて運転をしながら”高い往診代をいただいて、もしかしたら何もできないかもしれない・・・”なんてマイナスなことを考えながら往診先に到着。

確かに本人、のどが渇いて仕方ないらしく、伺った時からずーーーっとお水の入った洗面器をぺちゃぺちゃしています。

お水をたくさん飲む病気・・・・糖尿病、腎臓病などがあるのですが、
話を聞いてみると、お水を飲む割にはおしっこがたいして出ない、とのこと。

・・・・これは、お水をたくさん飲んでいるのではなく、お水を飲もうとしても飲めなくなっている、、ということなのです。

飼い主さんも、お水が飲みにくいのかな、と思って、浅くて広い洗面器や、
深さのあるバケツにお水をたっぷり張ったりして、工夫はしてくれているようですが。

ご存知のように、犬は器用に舌の先を丸めてお水を口の中に運びます。
でも、このワンコは飲もうとしても、舌でペチャペチャとお水を揺らすだけで、
舌が濡れた分しかお水を運べず、脱水になっていたのでした。

嚥下はできそうなので、口の中にさえお水が入れば飲むことができそうですから
少し大きめの注射ポンプを使ってお口の脇から直接お水を入れてもらうことを提案。
顔が上を向いてくれるくらいに、少し高いところから与えたほうが、受け皿になる口に収まりやすくなります。

さっそくやってみると、顎が完全に閉まらないので半分くらい流れ落ちますが、飲めている様子です。

本人も、この方法で飲めることをすぐに理解したようで、ポンプを口でつついて
”もっともっとお水ちょうだい”と催促してきます。

何度も何度もポンプでお水を運んであげると、それはそれは本人もお水が飲めて嬉しそうです。

ただ、10kg超えたコーギーでこの方法では、飼い主さん、何十回もやらないといけません。。。

『外の水道の蛇口からちょろちょろと水を出して、それが飲めるようにしたらどうだろう』

という話をしたら、

『じゃあ、20Lのアウトドア用の蛇口の付いたタンクがあるから、それでいけるかも!』
と、タンクを持ってきてくれて、バケツの上にそれを置き、
その蛇口からお水をチョロチョロと出したら、これぞビンゴ☆という感じで、
一生懸命飲みだしました。

あんまり一気に飲みだすと、それはそれで吐き出しちゃうことがあるので、いったん休止し、
脱水分をひとまず補うのに、背中に点滴をして水分補給をしました。

勢いよく飲みすぎて吐かないように気を付けながら、お水をあげてもらうようにお願いし、この日は帰りました。

心配だったので、3日後にもう一度伺ったのですが、すっかり落ち着いたようで表情も良くなり、お水も異常に求めることはなくなったそうです。
食事も固形物はうまく食べれなくなっているのですが、ポンプを使って流動食ならお水を飲ませる要領で食べてくれるようで、ひとまず安心・・・・ということになりました。

ただ、症状が一段階進行してしまったのは事実なので、今後も考えないといけないことがいろいろ出てくるかと思うのですが、あー、往診来てよかった~ってホントに思いました。

直接おうちに伺うと、そのペットの生活空間を拝見することになるので、
こういった教科書にマニュアルのない対応に関しては、飼い主さんと一緒に考えれば
ペットにとって一番よい方法が提案できるのかも、、、って思いました。

その帰りの高速道路は、とっても気持ちよく運転できました~☆
じゅういさんのおしごと♪
2014年10月01日 (水) | 編集 |
今、慢性腎不全の猫ちゃんのお宅に、定期的に点滴に伺っています。

その飼い主様さんは小学校の先生です。

先日、点滴治療をしながらこんな相談を持ち掛けれました。

『国語の教科書に、”動物園の獣医さんのお仕事”を題材にした章があって、
たぶん、子供たちは獣医さんにいろいろ聞きたいことが出てくるだろうから、
何か聞かれることがあったら教えてもらってもいいですか?』

『私は動物園の動物の治療のことはわからないけど、私がお役に立てることがあればなんでもどうぞ~♪』



で、後日、このようなものを見せていただきました。

141010-1.jpg

”じゅういさんへ というタイトルでお手紙を書きましょう”  だそうです。

もともと動物園の獣医さんのお話だったので、動物園の獣医さんに向けての質問や
メッセージも多かったのですが、なんだか子供たちがこの手紙を書いている姿を想像すると
なんとも可愛らしい、心がホッコリする気分になりますね。

『質問になっていない文面も多いし、お答えできる分だけでもいいので・・・』とのことだったのですが、
一生懸命書いてくれたんでしょうし、返答した子としない子ができちゃうのも嫌だし、
せっかくのチビッコたちの気持ちを無駄にしてはけない気がしたので、
お預かりをして、ちっちゃなメモ用紙ではあるのですが、一枚一枚のお手紙に
お返事をつけました。

小学2年生ですから、確かに、ちょっと理解不能な文面や、質問になっていない手紙や
”さるって温泉に入れるんですか?”
”イノシシの毛は何本ですか?”とか、どう答えてよいかある意味難しい?質問も多かったのですが、
なんとか、答えを書いてそれぞれのお手紙に張り付けておきました。

・・・ただ、2年生向けに、ひらがなメインでの返答の文面を作っている余裕がなかったので
普通に大人が読むような漢字を使った普通の文面なので、
先生に翻訳?してもらわないといけないかもしれませんが・・・(^_^;


その中に何人か、
”私は大きくなったら動物園の獣医さんになりたいです♪”なんてお手紙もあって、
あ~、私も小さいときは、動物園の獣医さんか飼育係になりたかった時期があったなー、なんて
思ってたりもしました。

子供たち、どんな風に反応してくれるかな~。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。