るい動物病院のブログ 知多半島エリアで往診専門の動物病院をしています
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バス?
2014年06月30日 (月) | 編集 |
往診車のハンドルに貼り付けた『バス排水』の文字。。。

さて、これはなんでしょう?

140630-01.jpg

乗り物の”バス”ではありません。

この車を動かす前に、必ずしなければならない大切な作業なのです。


『バス排水』に関わっている器械はこちら。

140630-02.jpg

血球計算器です。

血球計算とは、血液中の赤血球と白血球を測るもので、血液検査の基本であり、絶対に外せない検査です。

ただ、この血球計算という作業、車内で行うというのは、かなり無謀なチャレンジなのでした。。

血液はそのままでは濃くて数を測ることができません。

なので、器械の横(私の車の場合、棚の下)に備え付けられている”希釈液”というものを、
チューブから自動で吸い上げ、常に器械の中の小さなタンクに溜められ、
そこに別から吸い上げた血液を注入・混和して、希釈された検体でその数を測定するのです。
(説明下手ですね、すいません・・)

そのタンクを『バス』というそうなのですが、この”バス”が曲者。。

タンクは細長い筒状だそうなのですが、筒の上の部分に蓋はなく、常に口が空いた状態。

・・・・これがなぜ曲者かというと、そのまま走って車の振動でガタンゴトンとすると、
タンクの上から液が器械の中を溢れてまき散らしてしまうのです・・。

なので、走る前は常に『バス排水』という処理をして、タンクを空っぽにしてから車を動かさないといけないのです。

しかも、空っぽのまま、タンクの中が干上がると、乾いた希釈液の成分が細い管にこびりつく恐れがあるので
できるだけタンクの中は満たされていた方がいい。

往診先で止まるたびにタンクを満たし、発車前に排水するのではあまりに液のロスが多いので、
自宅に帰ってきたら、タンクを満たし、朝、出発前に”バス排水”処理をする。。。

検査の必要がない日も、毎日この処理をしないといけません。

それでも、車に積んで移動して使用する・・・なんて、メーカーさんとしても前例がないようなので、
『・・・ひとまずこんな感じでやってみて、トラブルが起こるようなら、ほかの策を考えましょう』
ということになっています。


開業して1カ月。

無事に動いてますよ☆
ちなみに、血液生化学検査器も問題なく稼働しております♪

超音波エコー検査器もちゃんと使えましたし、医療機器、結構丈夫なのかも!?です。



スポンサーサイト
道案内
2014年06月12日 (木) | 編集 |
るい動物病院HPはこちら→→http://rui-vet.com/

私は、驚くほどの?方向音痴です。。

友人には『そんな風に見えない~』って言われるのですが、
いわゆる”地図の読めないオンナ”ってやつです。

地図は常に進行方向”上”の状態でないといけないし、
例えば、大きな温泉旅館で大浴場に行くと、
行き道はよくても帰り道がわからなくなる・・・・そんなタイプで。。

そんな私が”往診”なんて大丈夫??と心配してくれる友人もチラホラいます。

最近は、カーナビが相当便利になりましたので、よほど大丈夫・・・と、言いたいところなのですが、
地番によっては、もしくは集合住宅などでは、カーナビに入れても出てこない場合があります。

そこで手に入れたのが、このアイテム♪


140612-01.jpg


スマホ版、『ゼンリン住宅地図』です。


住所を入れると、住宅地図上にピンで表示してくれますし、
集合住宅などで、番地が登録されてない場合でも、拡大してみると、
だいたいアパート名が記載されています。

これで結構助かっています。
私の往診の必須アイテムになっています、便利ですよ♪

・・・・それでも道に迷うんですけどね(^_^;


大型犬のお宅へ。
2014年06月09日 (月) | 編集 |
るい動物病院HPはこちら→→http://rui-vet.com/

今日は2件、フィラリア予防で往診に伺いました。

1件目は30kgくらいあろ8歳のゴールデンレトリバー、
2件目は今年1歳になる20kgくらいのミックス犬です。

いずれのワンコも元気いっぱいです♪

フィラリアの予防薬を投薬する前に、通常は去年のうちに感染していなかったかの
血液検査をします。

2件とも検査を希望されましたので、採血・検査させてもらいました。



通常は採血時、病院スタッフにワンコを動かないように支えてもらいます。
これを『保定』といいます。

”保定”というのは、力任せに押さえこむのではなく、必要な処置ができるように
必要最低限の支えで動かないようにすること。

私は一人で伺いますから、大型犬でも飼い主さんに保定をしてもらわないといけません。
”保定”って、ちょっとしたコツがあるんですよね。

よっぽど興奮して暴れちゃったりとか、警戒して威嚇してくるようでなければ
(体が大きいと2人がかりになることもありますが)、飼い主さんの保定で充分に処置はできます。

ワンコ自身も自分の家なので、変な緊張感がないから、無駄に興奮することもありませんでした。

当然、保定する飼い主さんは慣れていないので、ワンコはちょっと動きますが
お父さん、お姉さんの保定で充分に採血ができました。

ご協力ありがとうございました♪


140609-1.jpg


フィラリアの検査キットの結果です。

キットによって判定の仕方はいろいろですが、
このキットの場合、”C"の横の青いラインは正常に検査が行われた印。
”T"の横にピンク色のラインが検出されると『陽性』・・・感染しています、となります。

今回は2件ともピンクのラインは出ず『陰性』でした♪よかったです。

都会の方では蚊が減って、フィラリアに感染するワンちゃんも減ってきているという話を聞きますが、
知多半島は、残念ながらまだまだ住宅街でもフィラリアに感染する危険がいっぱいです。
今年もしっかり予防してくださいね。


いずれのお宅も、大型犬のため動物病院に連れて行くのは一仕事になってしまうとのこと。
場合によっては、近所から軽トラを借りなくては・・という状況なのだそうです。

確かに大型犬は車に乗せるのも一仕事。

お父さんがいないと連れていけないとか、週末しか連れて行けないとか、
いろんな事情で、小型犬と比べて、調子が悪くなってから動物病院に来院するまでに日にちが経ってしまい、
重症化するケースも時々あります。

今後、何かお困りの際は、”るいちゃん号”で駆けつけて対応しますので、お気軽にご相談くださいね。


1週間経ちました
2014年06月08日 (日) | 編集 |
るい動物病院HPはこちら→→http://rui-vet.com/


開業して1週間が経ちました。

初日から、市内の陶芸の工房で飼われているお年寄りのネコちゃんの往診に伺わせてもらい、
土埃のたつ工房の作業台の下から引きずりだされる?光景は、
常滑らしいというか、なんとも微笑ましいものがありました。

血液検査機器もちゃんと稼働できましたし、
なんと酸素ボンベまで稼働せさる事態も起こりましたが、大事に至ることなくホッとしています。

初めは要領がつかめず
朝、往診車を出動させる準備で30分くらいかかり、
初診でワクチンを接種して証明書を発行して会計する・・・という一連の事柄でも
30分以上かかったりと、何かと手間取っていましたが、
週の後半からは大分要領もつかめてきたようで、少し気持ちにゆとりも出てきました。


往診というのは、ご自宅に伺うので、ペットにとってストレスが軽減されるのはもちろんですが、
飼い主様も、自分のお宅ということでリラックスしているようで、
問診などをしても、緊張感なくいろいろ話してくださるので、改めて往診の良さを感じています。


また、知多半島は、海沿い・田舎道を走ることが多く、運転していて景色もいい。

ひまわりを群生して植えていて、咲いたら見事だろうなーと思える場所などもあり、
移動の際もこういう知多半島の良さを再確認できたらな、と思っています。

これから、診療のことや、フル活用の”るいちゃん号”のことも、少しずつアップしていく予定です♪






初日☆
2014年06月02日 (月) | 編集 |
るい動物病院、無事に一日目の仕事が終わりました。

実際にお宅に伺っての診療もスタートできましたし、
チョコチョコと、お問い合わせやご予約などもいただきました。


お年寄りで病院嫌いな猫ちゃんや、
大型犬で、車での移動が大変なワンコ、
車酔いがひどいので、病院に連れて行くのが大変なワンコ、などなど、

”往診”というカタチを必要としてくれているワンコやニャンコは沢山いるんだな、という
印象を受けました。

ただ、今日は初日で不慣れなため、さすがにクタクタ・・・。
ちょっと落ち着いてきたら、日常の診療での出来事をチョコチョコとアップできればと思います。

沢山の方から、ブログのコメント・お問い合わせフォーム・個人のメールなどで
励ましのコメントをいただきました。
ありがとうございました。

明日からも頑張ります~♪

おまけ:

140602-1.jpg

今朝のるいちゃんです。
一応看板犬(?)なので、昨日シャンプーカットをして、綺麗になりました♪
自分で切ったので、ちょっとぼさぼさカットなのは、ご愛嬌ということで。。。


明日、開院します☆
2014年06月01日 (日) | 編集 |
るい動物病院HPはこちら→→http://rui-vet.com/


140601-1.jpg

新聞のチラシを入れました♪

全て、直接新聞社の方に発送してもらったので、私自身も我が家の新聞に入ってきたチラシで実物を見ました(^_^;

知多半島の全世帯はとても無理なので、なんとなく全域に配りました。
このチラシを取っておいて、何かの時に思い出してくれると嬉しいなあと思います。

いよいよ明日、開業となりました。

診療レベルとして、自分に出来ることはできるし、出来ないことはできない。
往診という状況下で、出来ることはできるし、出来ないことはできない。

その辺の覚悟はできているのですが、

なにか忘れ物はないか、とか、車内の器械が壊れたらどうしよう、とか、
交通事故を起こさないように、とか、そんなことを考えて、なんだか落ち着かないです。

昨日は胃がおかしくなって、珍しく晩御飯が食べられなかったのですが、
今日になったら、何か吹っ切れたようで?モリモリご飯もいただきました。

さすがだな~私。




あまり独立志向のなかった私が、本気で独立を考えてからちょうど1年。

多少無謀と思える計画に、協力してくださった業者の皆様。
いつも応援してくれた、身内や周りの友人のみんな。
今まで私を獣医として育ててくれた勤務先の病院スタッフや、飼い主の皆様。

本当に感謝です。
自分一人の力では、このような形にはならなかったと思います。

これからも、自分にできる精一杯のことをして、地域社会にご恩返しをしたいと思っています。

さ、明日から頑張りますよ~。
るい動物病院、今後末永くよろしくお願いいたします。




※のちほどブログタイトル変更します☆


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。