るい動物病院のブログ 知多半島エリアで往診専門の動物病院をしています
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HPを作る
2013年10月30日 (水) | 編集 |
るい動物病院のHPを作ろうと思っています。
店舗がない往診専門の病院は、HPがないと、世の中の人に、存在が伝わらない。。。

早々にドメインは取りました。


まだ時間もあることだし、自分で作ってみようかなぁと思い、
Word Pressという、ブログ形式でHPが作成できるシステムを利用しようと
思っています。

WordPress

これがわかるようでわからない・・・。なんとなく出来るけど、なんとなく進まない・・・。

コードがわからなくても出来る!!・・とのことですが、
自分流にカスタマイズしようと思うと、やっぱりコードの知識は必要のようです。

今まで普通にブログはやったり、ホームページビルダーでHP作ったりはしたんですけどね。
ずいぶん勝手が違います。

本を買い込んで、四苦八苦です。

DSC_0208.jpg

普段デスクワークじゃないので、ちょっとパソコンに向かうと肩こりが・・・あー大変。

当院HP、ただ今編集中のため、今はこんな感じです。

るい動物病院 HP


こうご期待!!?
スポンサーサイト
ちゃこさん
2013年10月29日 (火) | 編集 |


私が飼っていたネコ、”ちゃこ”さんです。

今日、10月29日は、ちゃこが天国に旅立って3年になります。

17歳、慢性腎不全でした。

私が大学4年の冬、大学の動物病院に捨てられた4兄弟の猫で、
『このまま貰い手がなかったら、1週間後には処分だよ』という一言に
”え~っ、こんなに可愛いのに、そんなの嫌だっっ!”って思って、
それぞれ手分けして学生でもらっていったうちの一匹です。

同期の獣医科の学生は、半分くらいが、こんな理由でアパートでこっそりニャンコを
飼っていて様な気がします。

小さいころから実家の家族で犬は飼っていましたが、
この子は私が初めて飼った”我が子”でした。
外に出さないこともあり、気が小さくて、最終的に私しかダメで、
実家の家族も、結婚したうちの旦那にもなつくことがありませんでした。

でも、自分には仕事から帰ってくればお出迎えしてくれるような、
まるでワンコのような甘えんぼニャンコでした、

異変に気付いたのは4年前の12月、かなり高齢だし、猫は腎臓が悪くなりやすいから
腎臓病用の処方職を、予防的に食べていたのですが、だんだん痩せてきて
フラフラするようになったんです。

でも、この子はホントに気が小さいので、車で30分かけて自分の勤め先の病院に連れて行くのも可哀そう。

・・ということで、採血用のポンプだけ持ち帰り、自宅で採血し、それを病院に持って行って
検査しました。

完全に腎不全。検査の数値は振り切っちゃうほど高い値。
このままダメになっちゃうのか、、、と、ものすごく不安になりましたが、点滴セットを持ち帰り、
背中に点滴する『皮下輸液』という治療で何日か点滴を続けると、食欲も出てきて
一見すると、元通りのように元気になってきました。

もしかしたら、数字、下がってくれたかも・・!

そんな期待を込めて、10日後くらいに再検査(もちろん自宅採血です)しましたが、
結果は腎臓の値はほぼ振り切ったまま。

慢性腎不全、確定です。

その後は常に自宅に点滴セットを準備して、様子を見ながら、場合によっては毎日、
調子が良ければ数日おきに、点滴を続けました。

腎不全が確定してからは、腎臓の治療食は全く食べず、
市販の”カルカン”のパウチタイプしか食べなくなったので、
ホームセンターに行くたびに、箱買いしていました。。

soukai_4902397814498.jpg

調子がいいと、1日に3袋くらい食べてくれたんですよ。

もともと、私は『ひとまず食べなきゃ始まらない』と思う人なので、
普段、飼い主さんにも、調子が悪い時はあまり食べ物の制約は加えないほうすが、
ちゃこも病気が発覚してから、治療食を食べなくても、長い間頑張ってくれたので、
大事なのは理屈ではなく、本人の生命力だなあと実感したものです。

治療を開始して11か月、最終的に、点滴しても食欲の回復が見られなったので、
自分の頭の中にいる”獣医である自分”が、”飼い主である自分”に引導を渡し、
そこで治療は止め、その3日後に私の腕の中で息を引き取りました。

17歳です、猫の寿命で考えれば充分、大往生です。

しかし、『もう治療をしない』・・・この選択はものすごい辛い。。。
何もしてあげないことが、こんなに辛いものなのか。

飼い主感情からすると、なんか見殺しにしているような感覚に襲われ、
でも、無理に延命をするのもきっとこの子の為じゃない、、そんな感情が
交錯する、本当につらい3日間でした。


5kgあった体重が、最後は2kg台まで落ち、ペラペラな体になっちゃいました。
でもよく頑張ってくれて、最期の瞬間にちゃんと飼い主としてそばにいてあげられたので、
その時間までちゃんと待っててくれて、本当に”親孝行な息子”だったと思います。

結局、病気が発覚してから、1度も病院に連れて行くことはありませんでした。
年末の採血以降、血液検査をすることもありませんでした。

自分は獣医の立場ですから、このような治療が可能だったのかもしれないのですが、
自分がこの仕事をしていなかったら、気の小ささに来院のストレスが可哀そうで
病院に連れて行くことすらあきらめたかもしれないですから、
多分のころから、ワンコやニャンコにできるだけストレスをかけないように
在宅で治療してあげたい、在宅でも十分に飼い主が満足できる治療ができるのでは、、、
と思うようになっていたのかもしれません。

この子には、本当に飼い主として多くのことを学ばせてもらったし、
この子がいなければ、今、こうして獣医を続けていなかったかもしれないと思うこともあるので
本当に一緒に過ごせた時間に感謝しています。
3年たった今でも、もう一度でいいから会いたいって思います。

ありがとうね、ちゃこさん。
お母ちゃんはこれからも、頑張るよ~♪





ロゴを作る♪
2013年10月26日 (土) | 編集 |
『るい動物病院』のロゴを作りたいっ!

そう思っていろいろネットを調べると、一般的に商業的なロゴの作成って
プレゼン形式・・・といって、いくらかお金を払うと
10社とか20社とかからイメージが送られてきて、
その中から選ぶ・・・というのが一般的(私が調べた範囲では)のようです。

じゃ、そこに気に入ったものがなかったらどうするんだろう???
自分の予算は限られてますから、たとえ1万円でも無駄にはしたくありません。

そこで、”2案まで無料提案”という会社があったので、
ひとまずお願いしてみたんです。

『るい』は、我が家のトイプードルなので、それをイメージして
作ってください、、ってことを、もう少し詳しく書いてお願いしたのですが、
仕上がってきたイメージは

『バリっとカットされたショードッグのようなトイプードル』

鼻や体にバリカンが入って、毛がボンボンになっている、とってもエレガントな
プードルちゃん。

・・・あ~、これは我が家のるいちゃんじゃなーーーい!

そっかー、いまどきのトイプードルは、毛がモシャモシャした
テディベアカットなのですが、おそらく知らない人はこっちのイメージなんでしょうね。

で、そのエレガントなデザインのため、動物病院の文字も
エステサロンのような、エレガントな文字。。。

・・・う~~、これは私のイメージじゃないーー。。

全体のイメージはとってもよかったのですが、残念ながら却下。

どうしようかな、困ったな、と思っていたら、以前一緒に働いていた動物看護師さんのご主人が
デザインの仕事をしていることを思い出し、依頼したところ快諾☆

2日前に、最初のデザイン案が送られてきたのですが、

めっちゃ可愛い~

まだこれから修正が入るので、画像はお見せできませんが、
私のイメージ以上の素敵なロゴができそうな気がしてきました♪

めでたく出来上がったらご報告します~。


往診車
2013年10月17日 (木) | 編集 |
開業するための融資を受けるのに、
設備の見積もりが必要、ということで、
往診の要になる『往診車』、これの見積もりをいただきに、
先日、名古屋の某巨大軽自動車販売店に行ったんです。

個人の小さなお店だと、そこで買うこと決めていないのに
見積もりだけもらうなんで、なんか図々しいわよね~、なんて思ってしまいまして。

展示場でお目当ての車を見ながら、内装どうしようかなーって考えていて、
思い切って担当の営業さんに聞いてみたんです。

コンセントがいくつか使える環境が欲しいこと
器械を載せる棚がいること
振動やブレーキの影響を受けないような、設置の方法を考えないといけないこと


そうしたら、
『キャンピングカーを作ってくれるお店に相談するといいよ』
って言ってくれて、知り合いのキャンピングカーを製造している方を
紹介してくれました。

HPをコピーしてくれたり、いろいろ説明してくれたりと、
ひとまず見積もりが欲しいだけの一元客に、
車を売ることとは関係ないのに、とっても丁寧に説明してくれ、
ありがたいなあと思いました。

人が困っているときに、自分の出来ることを一生懸命するって、
とっても大事なことだなって思いました。
私も見習わないと。

車、買うならこの人から買おうかなって思えますね。

さっそく教えてもらったキャンピングカーの会社に問い合わせを
したところ、ここもまた、とってもご丁寧な回答をいただき、
”いい人”には”いい人”がつながっていくんだなあと思いました。

これから開業準備をするにあたって、いろんな分野の方と
関わっていくと思うのですが、これからも素敵なご縁がたくさんあるといいなあと
思っています♪


DSC_0132.jpg

今日のるいちゃん、ちょっとピンぼけ・・・。


よし、決断です
2013年10月14日 (月) | 編集 |
私、動物病院を開業することにしました。

形態は 『往診専門』

つまり、建物を構えず、車一台で完結させる動物病院です。
建物を構えている先生が、昼休みに往診カバン一つで
患者さんのご自宅に向かうのではなく、
血液検査や顕微鏡、ハンディタイプのエコー検査器まで積み込んで、、、
いわば、『小さな移動動物病院』がコンセプト。

近くではこういった形態の病院は知らないし、
自分でもいったいどこまで出来るのか、どんな方に必要とされるのか
さっぱり見当がつかないのが正直なところです。


大学を卒業して17年、今現在も一次診療の動物病院で普通に診療をしています。

手術が必要な患者さんに出会ったら・・レントゲンが必要な患者さんに出会ったら・・・
普段の診療だったら”普通に出来る”ことが、”してあげられない”ことに
どれだけの不便を掛けたり、自分自身のストレスになるのか。。。

ただ、一方で自宅で行うことで
”いままでできなかったきめ細かいケア”がしてあげられるのではないか。。。
そちらの方に期待を込めています。

るい動物病院の『るい』は、我が家の1歳半になるトイプードルの名前です♪

13767463753620.jpg


これから、開業に向けてのいろんな悩みどころや、仕事に対する自分の思いなど、
とりとめのないことも含めて更新していきますので、どうぞお付き合いくださいませ。

☆往診専門 るい動物病院 開業準備室☆
2013年10月13日 (日) | 編集 |
2014年6月より、愛知県常滑市から知多半島エリアの往診専門の動物病院を開院予定。
(診療エリアは『東海市、大府市、知多市、半田市、常滑市、東浦町、阿久比町、武豊町、美浜町、南知多町』を予定しています。)

ただ今のんびり準備中です。

開業準備の様子、日々の思いを綴っていきたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。