るい動物病院のブログ 知多半島エリアで往診専門の動物病院をしています
学会発表してきました
2016年04月28日 (木) | 編集 |
260428-1.jpg

ブログを書いている時間が取れず少し前の話になるのですが、4月7日(日)に、初の学会発表というものをしてきました。

『日本医療・環境オゾン学会』

私は日常の往診診療でオゾン療法を取り入れているのですが、この学会は、オゾン療法を取り入れている医師・歯科医師・獣医師などの医療関係者のみならず、殺菌・洗浄などの環境分野、またオゾンについての基礎研究など、オゾンに関わるあらゆる分野の方々が集まる学会です。

オゾンの器械を導入するのと同時にこの学会に入会し、勉強をさせてもらっています。

そんな学会で、私は

『往診診療におけるオゾン療法の活用』

というタイトルで、自分が日常行っている、在宅でのオゾン療法の方法やその効果について症例報告をしてきました。

1628-02.jpg


自分は友人の結婚式のスピーチもカンペなしで話せるくらいなので、結構キモが据わっている人間だと思っていたのですが、できるだけ沢山の症例を報告したくて、内容を盛りだくさんにしてしまったおかげで、決められた時間で収めることにプレッシャーがかかり。。

まー、テンパることテンパること・・・(^_^;)

スライドがうまく切り替わらないし、咬み咬みになるし、終わったら喉がからからになるしで、散々だったのですが、自分が伝えたかったことは、一生懸命に話してきました。

オゾン療法でびっくりするような効果が出ることもモチロンなのですが、世の中には私のような、ちょっと変わった往診専門獣医がいるということや、ペットにおいても、多分、人医療においても、在宅医療はとても重要な分野なのではないかということ。

獣医師だけではない学会(むしろ獣医師の比率は少ない)ということで、幅広い層に少しでも理解していただければと思い、頑張って発表してきました。

主に腫瘍の患者さんや、老衰の患者さんに対する効果についてまとめたのですが、、発表の原稿やスライドを作りながら、往診を始めてから出会ったワンコやニャンコ、その飼い主さんとのやり取りを思い出し、涙がホロリとくるようなエピソードを振り返りながら作りました。
一喜一憂しながら、一生懸命にペット達と関わる飼い主さんの姿も伝わるといいなと思い、そんな内容にしました。

いろんな文献を用いた研究論文ではないし、数値のデータも全くないし、専門用語もほとんど出てこない、”こんな子に効いた””あんな子に効いた”という、学会発表っぽくない?誰が聞いてもわかりやすい内容となり、大学の先生なども集まるような学会なのに、こんな発表でいいのかしら・・・という不安が残りりつつ。

でも学会が終わった後、大阪の獣医師の先生が『先生の発表、すごくよかったです~~!』って声をかけてきてくださいました。
”よかったー、こんな咬み咬みの発表でも、私の思いが伝わったんだ”と思ったら、実はものすごく重荷だったのですが、発表して良かったと思いました。

その後の懇親会でも、獣医の先生とご挨拶させてもらったのはもちろんなのですが、人のお医者様や、オゾンを用いた美容業界の方からもお声をかけていただきました。
皆さん、ペットを現在飼っている、もしくは以前飼っていた経験があり、ペットにオゾン療法が効果を上げることもそうだし、オゾンの器械を積んでいる往診の獣医師がいることにも関心を持ってくださっているようでした。業種を超えて”親バカならぬ、我が家の犬バカ・猫バカ”談義に花が咲きました。


よい経験をさせてもらいました・・・・が、発表はもういいです~~(>_<)









スポンサーサイト
オゾン療法の効果 腫瘍のワンコさん
2015年06月03日 (水) | 編集 |
オゾン療法についてのお話。
去年の年末の症例です。アップしそびれていました。

ミックス犬 14歳 膀胱腫瘍 体重20kgぐらい

『腰が立たなくなったんです』との連絡を受け訪問しました。
伺う車の中では”後躯麻痺”いわゆる椎間板ヘルニアや、なんらかの原因で後ろ足が麻痺したり痺れたりして、うまく使えなくなる状態を想定していったのですが、伺うとシャンと立ち上がってるワンコさんとご対面。

どうやら腰が抜けたように座り込んで立ち上がらなくなってしまった、とのことでした。
私が来たことで緊張したのか、立ってウロウロし始めました。

一通り触診をすると、腹腔内の下腹部にげんこつ大の大きな固い塊に触れます。
許可をいただいて超音波エコー検査をすると膀胱に大きな腫瘍があることがわかりました。

排尿はキチンとできているようで、下の色も悪くないので貧血が進んでいるということでもなさそうです。

とても切除できる大きさではないので、飼い主さんと相談のうえ、血液検査などは行わず、対症療法として
ステロイドと抗生剤の注射、およびオゾン注腸法による治療を行いました。

心配だったので、翌日もう一度伺ってお話を聞くと、処置の後2時間くらい熟睡し、起きたと思ったらそこからいつも通りの元気がでてきた、とのこと。

私が伺う前は、玄関の段差が自力で降りれなくなり飼い主さんが介助したそうなのですが、ヒョイヒョイっといつものように玄関の段差を降りたとのことでした。

ステロイドと抗生剤の投薬は継続し、2週ごとにオゾンの治療も併用しましょうということで、さらに一週間後に訪問。

状態は問題なく、排尿も普通にできているとのこと。

2回目のオゾン注腸法を行いました。
内服に抗腫瘍目的のサプリメント剤も追加しました。
つぎは年明けに伺いますね、とのことでお宅を後にしました。

年明けに電話があり、大みそか、12月31日に突然状態が急変し亡くなってしまったとのことでした。
私も休診でしたので、対応できなかったことが大変申し訳なかったのですが、
飼い主様は直前まで元気で生きてくれたことに満足してくれた様子でした。

世の中に”何にでも利く魔法のような治療法”というものは存在しませんから、オゾン療法も同様で、治療対象は幅広いのですが、どこまで体が反応してくれるのかは、まだ私自身にも未知数です。

生き物が本来持ち合わせている”老い”や”寿命”をびっくりするほど延ばすことは難しいかもしれない。
でも、今までであれば、注射や投薬治療までしか提供できなかった自分の診療で、ひとつ提供できる選択肢が増えたのかな、と感じています。

ペットに無理をさせず、でも治療をあきらめないこと。
命の灯が消えるその日まで、気持ちよく過ごしてもらうこと。

ものすごく難しいかもしれないけれど、そんな診療を目指していきたいと思っています。
オゾン療法の腫瘍に対する効果
2015年04月23日 (木) | 編集 |
高齢ワンコに多い病気、『腫瘍』。

人と同じでペットも高齢になるとともに、腫瘍の発生率が上がります。
犬の場合は、体表にできる腫瘍が多いので、飼い主様自身が発見できるケースも多いです。

ただ、年齢が高齢なので、手術はしたくない・・・。
麻酔の負担、年齢のリスク、いろいろ考えるとそう思うのは飼い主として当然です。

なので手術を選択されず、そのまま経過観察となるケースもあります。

悪性の腫瘍の場合は、大きくなる速度が速いので、待ったなしで様々な選択をしないといけない場合もありますが、良性の場合は一般的には大きくなるスピードは緩やか。
サイズが大きくなることなく、天に召されるまでそのまま落ち着いていてくれればいいのですが、最近はワンコも高寿命。
良性の腫瘍はそれ自体が命に関わることはないのですが、大きくなっていくと何かと問題が生じます。

その一つが”自壊”。
大きくなることで皮膚の表面が薄くなり、擦れたりすることで傷ができたり、大きくなってきた腫瘍の中心部の細胞が傷んでジクジクになった悪臭を伴う液が、皮膚を通じで外に出てくるようになります。
腫瘍は、サイズが小さければ、本人は痛みも痒みもないので、存在自体を気にすることもないのですが、
自壊は、皮膚の傷”なので、痛痒くなり、舐めたり掻いたりします。
しかも普通の外傷と違い、難治性なので、傷を完治させることが難しいのが現状です。

例えば13歳の時に見つけた腫瘍が、高齢だからと取ることを見合わせ、1年後の14歳で大きくなって自壊した。
ケアがしきれないので、その段階で手術を決意・・・・となると、一年前よりもうんと手術のリスクが高まります。

なので、私は手術が許される環境であるなら、気になる腫れものが出来たら、やっぱり手術が第一選択ではないかと思っています。
往診専門となり、私自身の病院で手術はできませんが、やはり”綺麗に取れるものなら取っちゃったほうが早い”と思います。多分、この考えは今のところ変わらないと思います。



ただ、”手術はしたくない”という飼い主様の思いにも答えてあげたい。そうも思うのです。





で、ここからが本題です。

"オゾン療法で腫瘍が消えるのか!?"

世の中には、様々な代替療法と呼ばれるものがあり、人の領域では、末期がんを宣告された人が、病院で一般的に行われる外科手術・抗がん剤・放射線治療以外の方法で、完治したり、生還されたという報告があります。

ガン細胞は、遺伝子が傷ついて、暴走してしまう細胞。
人では毎日何千個というがん細胞ができているのですが、それが暴走しないようにやっつける”免疫細胞”が体内を兵隊さんのようにはりめぐり、パトロールしながらガンができないよう、健康でいられるような仕組みができています。

その免疫細胞がうまく働かなくなったことで、生き残った異常な細胞が増殖してしまい、しこりを作ります。

なので、オゾン療法・抗腫瘍をうたうサプリメント、そのほかの代替療法と呼ばれるものは、この”免疫”システムを活発に働かせ、それによって、自身の力で腫瘍細胞を小さくする、そんな効果が期待できるのはないかと思います。

そして代替療法と呼ばれるものは、それぞれ併用することの相性が良く、多分、さまざまな方向から免疫にアプローチをかけているのではないかと思われます。
オゾン療法のみで、腫瘍を完全に消すことは難しそうですが、人や犬でサイズが小さくなったという報告はあります。
そのメカニズムの解明も徐々に進んできているようです。


実際の症例のお話。

症例その1 です。

13歳の大型犬です。
飼い主様が、乳腺のちょっと深いところにに3センチ大のしこりができたのに気づかれました。
少しずつですが、日に日に大きくなっている様子。
位置的には乳腺の位置だけど、ちょっと深いところなので、乳腺腫瘍ではなく、ほかの細胞かも・・・。
炎症の可能性もあるので、細胞診の検査をしましたが、何らかの腫瘍性のしこりである可能性が高いことがわかりました。
元気食欲はあるのですが、最近足腰の衰えも目立つようになってたので、手術はもうしたくない。とのこと。
この飼い主さん、手術を否定しているわけではないのです。
1~2年前には2度も体表にできた脂肪腫を切除した経緯があります。
可愛い可愛い我が子なのです。老いてきた我が子に、もう体力的な負担をかけたくないのです。

『オゾン療法で腫瘍を”消す”ことは期待できないと思うんだけど、少しサイズダウンの報告は人も犬も結構あるし、オゾン療法は代謝もあげるから、アンチエイジング的な意味も含めて・・・』ということで、治療を開始しました。

オゾン療法のみよりも、抗腫瘍をサプリを併用したほうが相乗効果が狙えるかなと思い、サプリを飲みながら、治療を1か月ほど継続しました。

すると、一か月目くらいに腫瘍が格段と小さくなり始めたのです。

オゾン療法の経験の浅い私としても、さすがにびっくり!
飼い主さんと手をたたいて喜んでしましました。すごいです、生き物の持っている生命力!

そしてその2週後には、一時4センチくらいまで増大していた、コリコリと硬くてボコボコしていた腫瘍が、小指の爪くらいのサイズになり、しかも脂肪の塊のように柔らかくなりました。

勤務医時代に、とても取りきれない腹腔内の大きな腫瘍が、抗腫瘍のサプリメントのみで消えた!ということも経験はしていたので、オゾン療法が効いたのか、サプリメントが効いたのか、、、どっちがとは言えませんが、多分相乗効果として両方がうまく働いて、ワンコの免疫システムが活発になり、自身の力で腫瘍の増殖を食い止めたのだと思います。

ただ、治療の間隔があくと気持ち大きくなるようで、定期的にオゾン療法を含めたケアが必要になるかもしれません。
でもこのワンコさん、オゾン療法を始めてから足取りが軽くなり、今まで上がるのが大変になってきたウッドデッキにヒョイっと上がれるようになりました。オゾン療法の”福”作用♪です。


症例その2 です。

16歳のオスの高齢ワンコさん。
『肛門周囲腺腫』という、去勢手術していないオスの肛門周りにできるしこりです。
基本的には良性腫瘍なのですが、初めて伺った時は肛門の穴が見えないくらい巨大化しており、
普通に考えても手術ができる状態ではありません。無理に取ると、肛門の締まりがなくなる可能性があります。
ただ、お座りすると地面に擦れるので、一部自壊しており、本人が気になって舐めてしまします。

そこでオゾン療法とサプリメントを開始しました。

1週間後、すでに反応があり、ひとまわり小さくなったのがわかります。
3週間後には、大きさとしては半分程度まで縮小し、自壊部分はやはり地面に擦れるのでジクジクしていますが
本人も気にする様子が減ったとのこと。
今まで見えたなかった肛門の穴の部分がちゃんと見えるようになりました。
4週目にはさほどの大きさの変化は見られなくなかったので、この子にとってオゾン療法の限界はこのあたりなのかもしれません。

こうなると欲が出るもので、なんとかもう少し小さくしてあげられないかな、と頭を悩ませています。。。。

安全な治療ですし、高齢な子は元気でて活動性があがりますので、このワンコさんも、間隔をあけながらケアを続けていく予定です。


ただ、1つ申し上げるなら、オゾン療法もサプリメント、そのほかの代替療法も魔法の万能薬ではありません。
オゾン療法をしても助からなかった命も実際にありますし、サプリメントを飲んでも腫瘍に効果がなかったケースも経験しています。

代替療法は、それなりに費用もかかりますし、現代医療と違って、科学的なデータもないものが多いです。
うまくいっても、もともと本人の老化からうまく働かなくなった免疫システムに刺激を与えているわけですから、なんらかの継続治療は必要になると思います。

しかし、”なんとかしてあげたいけど、もう手術はさせたくない・・・”という思いで困っている方がいるのなら、何もしないで日々過ごすより、まずは期間を決めてもらってもいので、こういった治療の選択肢もあるのではないかと思い、紹介してみました。

我が家のるいちゃんが将来高齢になって腫瘍ができたら、絶対にしてあげたい治療です。










ブログで紹介していただきました♪
2015年02月08日 (日) | 編集 |
オゾン療法の会社の方のブログに、当院をご紹介していただいてます♪

サイマネは行く・・・

ペットのみならず、私たち人においても、西洋医学だげではなく、”統合医療”という分野の重要性が増してきています。
このブログを担当している方はオゾン療法以外にも、様々な統合医療の知識をお持ちで、
いろんな知識を分けていただきました。

こういう出会いから、自分の診療の幅が広げていけるんだろうなあと思っています。

今後もお世話になると思います。よろしくお願いいたします。
オゾン療法の効果 その1
2015年01月13日 (火) | 編集 |
当院で去年の末から取り入れた”オゾン療法”

聞きなれない治療法で、治療対象となる範囲も幅広いため、いわば”胡散臭さ”を感じる人もいるのでは。
・・・正直私もとある獣医療のセミナーで”オゾン療法”と聞いた時には

(うわっ、またまた胡散臭い治療があるもんだ~)

と思ったものです。

ただ、実際に使用して効果が上がっているケースも多いので、少しずつですが、症例報告をしていこうと思います。


その1

慢性腎不全のニャンコさん 今年の5月で14歳を迎えます。
去年の7月、腎不全であることがわかり、定期的に点滴の治療、および投薬治療、食事療法も併用しています。

腎臓の数値はかなり高く、決して楽観視できる状態ではないのですが、特に猫の場合は検査の数字が高くてもいい状態を長く保つ子も多く、このニャンコさんも一般的に行う治療により状態は落ち着いています。

経口投薬も本人が嫌がるときは無理をしませんし、食事も完全に治療食ではなく、食べたいものも食べながら、食べてくれるときは治療食も食べてもらう・・・そんな感じでゆる~く管理してもらってます。

ぼちぼち食べてぼちぼち機嫌良く生活している、、そんな状態でしょうか。

私も飼っていた猫が慢性腎不全になり、点滴生活をした経験がありますが、飼い主感情としては、長生きもしてもらいたいけれど、食べたいものを美味しく食べ、楽しく生活してほしい、と思って本人に無理なのないようにケアしました。

獣医学的にいうと厳密な管理をしたほうがいいのかもしれませんが、人生楽しくないと始まらない、と思うので、特に慢性疾患においては柔軟な姿勢は大切ではないかと思っています。

・・・・え~、前置きが長くなりましたが。

12月下旬から1週間に1回、点滴治療時に併用して、オゾン療法を行いました。
本当は”オゾン注腸法”といって、カテーテルを肛門から挿入し、そこからガスを入れたかったのですが、ネコちゃん、肛門を触ると強烈に嫌がるため断念。。。

肛門に入れる予定の量よりも少量ですし、濃度も薄くなりますが、少量ずつ皮下注射(背中に何か所かオゾンの空気を注射)しました。皮下注射自体は痛がったり嫌がったりすることもなく上手にさせてくれました。

1週間後:もともと食欲、一般状態も安定していた子ではあるのですが、変化といえば、腎不全になってから2~3日に一回しか出なかった便が3日続けて毎日出るようになりました、とのこと。あと、体臭が病気の前の時のように匂わなくなって気がする、とのこと。

そこで2回目の治療を同様に行いました。

さらに1週間後伺うと、2回目の治療の翌日から、しぐさが変わったとのこと。飼い主さんに甘えてきたり、動きも活発になり、病気以前の状態のようなしぐさを少しずつ見せるようになってきたのだそう。

年末ということもあり、定期検査ということで血液検査で状態を確認してみましたが、残念ながら、腎臓の数値は高いままでした。

年明け、治療に伺うと、体重は少し痩せてきてはいますが、ご機嫌はすこぶるよろしいとのこと。
昔のように、飼い主さんが見えなくなると、探しにくるような行動も見せるようになったのだそうです。
なんだか私も嬉しくなっちゃいますね。

今後も1~2週間の間隔で様子見ながらオゾンの治療を継続する予定でいます。もちろん定期的な点滴治療は欠かせませんが。

慢性腎不全の場合、残念ながら破壊された腎臓が再生することはないわけですから、『治す』ということをゴールにもっていくと、期待には添えないのかもしれません。
ただ、QOL(クオリティーオブライフ:生活の質)を上げるという意味では良い効果が出ているように思います。
今後も飼い主様と一緒に頑張っていきたいと思っています。


私のニャンコが生きているうちにこの治療を知ってたらなー、なんて思います。






飼い主様に許可をいただいたので、その猫ちゃんの画像をアップしちゃいます。

150114-1.jpg

ミータさんです。

ぬくぬくしているコタツから引っ張り出された?のでちょっとご機嫌ナナメ・・・でも治療は本当にお利口さんにさせてくれるんですよ。毎回このベッドで横になっておくつろぎ状態で点滴しています。
めちゃめちゃ可愛いです。

ミータ、頑張ろうね~☆