るい動物病院のブログ 知多半島エリアで往診専門の動物病院をしています
ペットの”安楽死”ということ
2017年08月10日 (木) | 編集 |
8月14(月)、15(火)日は、終日休診となります。

今回はとりとめのないつぶやきです。

私が小学校高学年か中学生の時の話なので、もう30年以上前の話です。

学校から帰ってくると、テレビでは、夕方の地域の情報番組が放送されていました。
とある動物病院の密着取材で、他の内容は全く覚えていないのですが、何らかの事情でウサギを安楽死する、、、という場面でした。
映像的には、吸入麻酔で寝かせて・・・・というところしか流れていないのですが(というか、断片的にそこしか覚えていない)、その処置の後に、その動物病院の獣医さんがこう言いました。

『僕はね、、、こんなことをするために獣医になったわけじゃないんですよ・・・・』

自分がその当時、獣医を志していたのかさえ覚えていませんが、その場面だけ未だに忘れることができずにいます。


安楽死についての考え方は獣医師それぞれに違いますので、動物病院によっては、安楽死をしないと決めているところもあるようです。良し悪しについては、私がどうこう言うことではないと思っています。

私は開業当初、安楽死はしない方向でいこうと、その用意を備えていませんでした。
しかし、往診をしていくにつれ、やはりそれでは済ませされないのかな、と思い、現在は準備を備えています。

でもね、そんなことしたくないんです。
なので、初診でいきなり安楽死をしてほしいという依頼に対しては、私は基本的にお受けしていません。

死生観や価値観は人それぞれですので、これは私の考え方です。

人や犬・猫・そのほか哺乳類が生まれてくるとき、お母さんの産道を通ってこの世に生を受けます。
自分の体よりも狭い産道を必死にギュ~~っとくぐり抜けて出てくることで、交感神経が刺激されて産声を上げることができるのです。
なので、犬や猫の帝王切開で生まれてくる場合、その窮屈な刺激がないことですぐに自力では鳴けず、人の手で背中を擦って刺激する必要があります。

産む”母体”には命がけの”産みの苦しみ”があるのですが、生まれてくる”子ども”にとってもこの世に生を受けるということは、命がけの作業なのではないかと思うのです。

なので、そんな命がけで出てきたこの世から去るときが来た時、簡単に気持ちよく最期を迎えさせてくれるはずもなく、最後の最後までまさに”命がけで”一生懸命生きるのではないのかなと思い、その辛い場面や苦しい場面も含めて、最後まできちんと見届けるということが、生き物を飼った飼い主の責任ではないかというのが、私の基本的な考えです。

ただ、家庭の事情というのは、本当に本当に様々で一概に否定的に捉えることもできません。
気軽に安楽死の選択をする飼い主はおそらく一人もいないだろうと思います。
特に往診はお宅に伺うという特殊性から、『動物の診療をする』ということだけを考えたら、見なくてもよいかもしれない個々それぞれの”家庭の事情”というものが必要以上に見えてしまうため、頭ごなしに否定もできず、やむを得ず処置が必要になった時は、ただただ悶々とした思いでいます。

こうやって、ぶつぶつとブログを書いているということは、現在、自分の心の中で悶々とした状況になっている、、ということなのですが。。。

ただ、飼い主とペットがやむにやまれぬ事情になったとき、やはり最後の砦になるのは獣医師ではないかとも思っています。
だから、最後の最後がとても苦しい状況になることが予想される時にには、安楽死を含めた選択肢を飼い主さんに説明することもあるのが事実です。


でも、私が自らその処置をするときは、30年前に見た、あのテレビの断片的な場面と、あの獣医さんの言葉が必ず私の頭をよぎります。

飼い主さんだって、この子が仔犬の時代に家族そして迎え入れた時には最後にこんな形になるなんて、絶対望んでいないだろうな、とか、
この子と飼い主さんとの間には、どんな楽しい思い出があったのかな、とか、
私の知らない飼い主さんとペットとの関係を勝手に想像したりして、どんな思いで決意されたのかな、とか、いろいろ考えます。


そして自分の心の中で毎回つぶやきます。
『でも、私はこんなことをするために獣医になったわけじゃない・・・』
毎回泣けそうになります。

まとまりのない分面でスイマセン。今回はほんとに私のつぶやきです。
多分、この場面に遭遇する度に、一生悶々とするんだと思います。難しい問題です。






スポンサーサイト
熱中症!!
2017年07月13日 (木) | 編集 |
先日の話です。

夕方に1本の電話が鳴りました。

『うちの犬がぐったりして呼吸が荒いみたいなんです・・・・・』

高齢の大型犬をお庭で飼育しているお宅。
”みたいなんです”というのは、お電話をしてきた飼い主様(お母さん)は、仕事で自宅にはおらず、
先に帰宅した息子さんが発見して連絡してきた様子。

予防注射や診察で伺ったことのあるお宅なので、飼育環境は知っています。
昨日から一転して、その日は異常な蒸し暑さ。
熱中症の可能性が極めて高いと思いました。

ひとまず、水道の水で体を濡らして冷やしてもらうこと。
保冷剤があれば、股の間や脇の下、首元に当てて冷やしてもらうこと。
なおかつ、濡らすだけではなく、扇風機が届けば扇風機、無理ならうちわでいいので、風で体を冷やすこと。

これを息子さんに伝えてもらうことにして、自分は次の訪問予定のお宅にお断りを入れ、早急にそちらのお宅に向かいました。

到着すると、お庭の一角に仕切られたエリアで、舌をダランと出して、横たわって息苦しそうに呼吸しているワンコ。
傍には高校生(くらいかな)の息子さんが、ホースの水で体を冷やしつつ、保冷剤を当てている状態。

緊急事態です。

外飼いの大型犬の緊急事態はもう、”野戦病院状態”になります。

ひとまず2人で抱えて庭の広いエリアへ。

体温を測ると41.6℃。
完全に熱中症です。

犬の平熱は38℃台で、人よりも高めですが、上限のマックスはあまり変わりませんから、この体温はとても危険です。

息子さんが手にしているのは、ケーキなどを買った時に入っている小さな保冷剤。
当然、そのサイズでは小さすぎて体は冷えませんし、すでに溶けてしまっています。
息子さんでは、大きな保冷剤のある場所がわからない様子。

ひとまず往診車の中のクーラーボックスに入っている保冷剤で対応してみましたが、これでも足りない。

すると、離れに住んでいる(と思われる)おばあちゃんが様子を見に来てくれました。

『おばあちゃん、大きめの保冷剤ないかな?』
『あ、あるよ~』そういって、スーパーの袋一杯の保冷剤を持ってきてくれました。

股の付け根
脇の下
首元

ここには、表面に近いところに大きな血管が走っていますので、この部分を冷やすと効率的に体が冷やせます。

そして、リビングから扇風機を持ってきてもらい、往診車に積んである延長コードで電源を確保し、風を当てて体を冷やします。
まだ外は30℃を超えていると思われる温度です。

以前のブログに書きましたが、扇風機で人が涼しく感じるのは、体表面の汗が風で蒸発する時に、『気化熱』が発生して体の熱が奪われるから。
暑い中、犬にそのまま当てても、熱波をかき回すだけでちっとも涼しくなりません。

大型犬ですから、水風呂に漬けるわけにもいきませんし、ホースで水をかけ続けては、庭がグチャグチャになるので、そのほかの対応ができなくなります。
なので、ホースで体を濡らした上で、扇風機の風を当てます。
そうすると、被毛についた水分が蒸発する時に、気化熱が発生して、体が冷やせます。

ただ、扇風機の首を一番下に向けても、ワンコに当たらないので、息子さんには扇風機を持ってもらい、直接ワンコに風を当てる係に。

そうしてもらいながら、私は血管に留置針を入れて点滴を開始し、車に戻って血液検査へ。
車内とお庭を行ったり来たり。タオルを首に巻いて、汗だくになりながらの作業です。

おばあちゃんは、、、暑さでばてちゃうといけないから、玄関で休憩をしてもらい・・・・。

そんなこんなしているうちに、ワンコの意識がちょっと戻ってきました。

熱中症の怖さは実はここから。

高体温が持続することで、体温を正しく保つ機能が一時的に壊れてしまうので、保冷剤などで積極的に体温を下げていくと、どんどん下がり続け、平熱を下回って低体温になる恐れがあります。

血液検査や点滴をしながら体温もこまめにチェック。
40℃を切ったところで、当てていた保冷剤は取り除きます。

39℃前半になったところで、扇風機も解除。お兄ちゃん、ご苦労様でした。
おばあちゃんが、冷えた麦茶を入れてきてくれて、点滴しながらひと休憩。

意識もずいぶんしっかりしてきたところで、お母さんが仕事から帰宅。

でも、体温が下がって意識が戻ってきても、実は熱中症の本当の怖さはこれから。
高体温により、体内の細胞がダメージを受けすぎると、多臓器不全になることもありますし、消化管のダメージが大きいと、ひどい血便になることもあれば、腸内細菌が細胞のバリアを突き破って、全身に巡ってしまう恐れもあります。

熱中症って、高熱になるだけではない、そのくらい怖い病態なのです。
現状の血液検査では、臓器のダメージはさほどではありませんが、いろいろと注意事項をお話して、後ろ髪引かれながら、そのお宅を後にしました。

こういうときって、本当なら入院させて観察するんだろうな、、、と思いつつ、これが往診の難しさです。


翌日。
心配しながら伺うと、元気に動きまわっているワンコの姿がありました♪

下痢や嘔吐もなく、朝も普通に食事をとってくれたとのこと。

よかった~~~、一安心です。
その後も連絡はないので、多分元気ていてくれているのだと思います。

illust4306.png



これから夏本番です。
特に高齢犬は、歳を追うごとに体力が衰えていきますから、去年大丈夫たっだことが今年は大丈夫じゃない、ということが、普通に起こります。

暑さ対策は充分に取っていただき、上手に乗り越えていきましょう。






ホームページ リニューアル中です
2017年06月28日 (水) | 編集 |
るい動物病院のHPはこちらなのですが

http://rui-vet.com/

このHPは、ホームページビルダーを使って私が自分で作ったものです。

最近のHP作成ソフトは優れもので、たいして知識のない人間でも、こんな感じで作れてしまうのですが、このページだとスマホに対応していないのと、少しづつ内容を更新していったらなんだか全体的に見にくいHPになってきました。

この6月で開業して3年が過ぎましたので、そろそろプロに作ってもらおうかと、只今新しいHPを作成してもらっています。

作ってくれるのは、友人のご主人のTくん。
るい動物病院のロゴマークを作ってくれた方です。

170628-3.jpg

このロゴは私が開業準備を始めるにあたって一番初めに取り掛かった作業で、あまりに可愛い仕上がりに、その後の準備のテンションがとても高くなり、何をするにも楽しく作業できたことを思い出します。

今回のHPも、ホッコリしていて、それでいてとても見やすいHPに仕上がるよう、準備してくれています。


今日は、午後が休診日でしたので、HPに必要な写真をいろいろ撮ってもらいました。

もともとT邸で飼っている猫さん達は当院の患者さま。
ちょうどワクチンの追加接種の時期が来ていましたので、その子達にモデルになってもらいHPに利用しようということで、お宅に伺って、診察させてもらいました。

その後、るいちゃん号の外観を取るために、『知多半島をイメージさせるような場所』に移動して、車の写真も撮ってもらいました。

170628-0.jpg

この写真は私が撮ったものでアングルが微妙なのですが、知多半島を感じさせる、のどかな雰囲気の場所です。
昼過ぎまで雨だったのですが、ありがたいことに青空が見えてきました。

170628-1.jpg

撮った写真を確認しているTくんです。

順調に進めば7月中にはリニューアルできると思います。

お楽しみに~~♪



検査機器の点検
2017年06月14日 (水) | 編集 |
るいちゃん号には、様々な検査機器を車載しているのですが、その一つに血球計算器というものがあります。

DSC_0931 1

赤血球や白血球の数を数えてくれる器械です。

今日の午後は、この器械の定期点検に来てもらいました。
業者さんも、炎天下の中で器械の点検をするのはうちくらいのものだと思います(笑)。
ほんとにご苦労様です。

るいちゃん号が動き出して丸3年。
点検の方もびっくりされますが、ちゃんと問題なく動いております(^^)

本当は精密機器なのでしょうが、夏の暑さにも冬の寒さにも負けず、悪路の振動にもめげずによく頑張ってくれています。
訪問先ですぐに血液検査の結果が出せるということは、私の往診にとってはメリットがとても大きいです。

この先も日々トラブルが起こることなく、ちゃんと作動してくれますように~。。
ペットの食事は何が正しいのか
2017年06月08日 (木) | 編集 |
『犬や猫はドッグフード(キャットフード)と水のみで十分に栄養が取れるので、人の食べているものは与えてはいけない』

よく言われている話です。

一般の獣医師や動物病院はドッグフードを推奨しているところが多いというのも事実です。

最近は、そのことに疑問を持たれた飼い主様が手作り食を作って与えていたり、ネットのサイトに手作り食レシピが載っていたり、本も沢山販売されるようになっています。

いろいろ勉強されている方々が、セミナーを開いたりもしているようです。

私も2,3年前までは、犬はドッグフードを食べて入れば健康を維持できる、ということになんの疑問も持っていませんでした。

ドッグフードというものを真剣に調べていくと、メリット・デメリットはいろいろあり、疾患の管理などにおいては、最優先事項となる場合もありますし、忙しい日常の中では犬や猫のご飯まで毎日作ることは大変なので既成のフードはとてもありがたいものです。
ただ、今は、全否定するつもりはないけれど、”決してペットにとってのパーフェクトフードではない”という認識でいます。

20170607-2.jpg



今、”比較統合医療学会”という獣医師を中心とした学会が主催している、獣医師を対象とした栄養療法のセミナーが開講されており、私は去年から勉強に参加しています。
獣医師が真剣に学び、考える
手作り食の勉強です。
アメリカで学ばれた先生が講師となり、理論的に手作り食というものを講義していただいています。

一般の方が、自分の(人の)食事を作り感覚でペットの食事を用意するといろいろと過不足が出ることがあり、なにが正しいのかわからないことがハードルとなって、手作り食はなかなか難しいという認識ようなのですが、ちょっとしたコツを押さえれば、そんなに難しいものではないと思っています。

セミナーに参加されている先生方の中にはずっと以前から手作り食を飼い主さんに推奨され、様々な病気や体調管理にめざましい成果を出されているようです。

犬の栄養学という分野は、まだ確立された学問ではないので、エビデンスに基づいて話をするのは難しいというのが現状ではあるのですが、人の栄養についても合わせて勉強していくと、人でも”栄養””食”ということについては、さまざまな考え方や理論があり、正解は一つではないのだ、ということだけは理解できるようになりました。

食について、興味・関心の高い飼い主さんは多く、一生懸命勉強されている方からは、
『獣医さんはドッグフードしか勧めてこなくて、食のことを分かっていない』
そんな評価をうけることもあるのですが、

世の中には真剣に”食”について考えて、日々頑張っておられる獣医師も沢山いるのだということをご理解いただければと思います。